NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月11日(祝・月)、2013年 DJ AKSG第1弾してきました!

 と勇ましくタイトルに書きましたが、このブログで事前告知するのを忘れてた(汗)。先日の祝日、高円寺のカフェ・コネクシオンで開催された「ユーミン・ラウンジ」で、今年初のDJ AKSGしてきました。お友達にもご来場いただき、感謝。ってことで、ここであらためて、セットリストを。


1.ノーサイド(『NO SIDE』収録)

2.Valentine's RADIO(フェイ・ウォン カバー版。ユーミントリビュート盤『Queen's Fellows』収録)

3.サーフ天国、スキー天国(『SURF&SNOW』収録)

4.タイムリミット(『DAWN PURPLE』収録)

5.冬の終り(『TEARS AND REASONS』収録)

6.One More Kiss(『sweet,bitter sweet~YUMING BALLAD BEST』DISC2収録)

7.雪月花(『Wings of Winter, Shades of Summer』収録。シングル曲)

8.水の影(『時のないホテル』収録)


DJ風景の撮影は、当日ご来場くださった、お友達のますみゆたかさんです。ますみさん、ありがとうございます!
20130211


スポンサーサイト

11月23日(祝・金)、DJ AKSG第3弾!

ということで、11月23日(祝日・金曜)、懲りずにDJ AKSGとしてユーミン曲をセレクトして流します。遊びにお越しいただけると、とっても嬉しいです!


以下、イベント情報!


ユーミンが流れるカフェ「Yuming Lounge」

デビュー40周年記念のベストアルバム『日本の恋と、ユーミンと。』の発売をみんなでお祝い。Yumingミュージックが心地よく流れるなか、みんなで語らい、時には歌ったりして、リラックスした時間を過ごしてみませんか。クラブやディスコとはひと味違う、カフェDJイベントを開催します(^-^)/

※DJといっても、全員素人ですみなさんにだってできます

音楽だけでなくグッズなどを持ち寄ったりして、一緒に「一日限定」のユーミンラウンジを作っちゃいましょう♪

想い出と想い出のユーミンソングを胸に、ぜひ遊びに来てくださいね

【第一夜:昨晩お会いしましょう~40thアニバーサリー】

■日時
2012年11月23日(金・祝)17:00~20:00(入退場自由です)

■会場
高円寺・カフェ「コネクシオン」

http://www.koenji-connection.com/

JR中央線・総武線「高円寺」駅南口から徒歩3分

■料金
オーダーのみ(キャッシュオン)
チャージなし

■ユーミンDJ
・DJ AKSG ← これが私!
・yuki-mam
・DJ 虹
・チョッキー
・キムラJエフ
・佐野ロック

DJ AKSG、第2弾完了

 こちらでの告知、すっかり忘れていたんですが(汗)、先週の今日(9月22日)、DJ AKSG第2弾でした。前回と同じ、高円寺のカフェ「コネクシオン」で開催された【失恋レストラン2012(ユーミン特集)】というイベントに出演しました。なんと私はトリ!私のセットリストは以下のような感じ。


ダイアモンドダストが消えぬまに/松任谷由実
瞳はダイアモンド/松任谷由実
Nobody Else/松任谷由実
ハートブレイク/松任谷由実
哀しみのルート16/松任谷由実
LATE SUMMER LAKE/松任谷由実
心ほどいて/松任谷由実
DESTINY/松任谷由実
September Blue Moon/松任谷由実
卒業写真/荒井由実
(アンコール)Carry on/松任谷由実


 ユーミンで失恋曲メインでということでしたが、ハートブレイクからLATE SUMMER LAKEまでのあたりに、失恋曲の中でも、しんみりだけでは終わらない攻めの姿勢を取り入れてみました^^;。個人的な流れとしては、「ダイアモンド」→「雨」→「疾走」→「赦しと受容、そして再生」みたいな裏テーマがあります。

 当日は連れ合い氏やお友達が数名遊びに来てくださいました。本当に感謝。遊びに来てくださった方の中で、お友達のますみゆたかさんが、画像を撮影してくださったのでちょっぴりアップ。


 DJ AKSG 01

DJ AKSG 02

DJ AKSG 03


 またもしも、DJすることがあれば、事前に告知しますねー。

DJ AKSG、デビューします

 長いこと(四半世紀くらい?)ユーミンファンをしている私ですが、なんとこの度、ユーミン曲でDJデビュー(?)することになりました。誰がこんな展開、予想したでしょうか?DJ名はDJ AKSGです。


---------------------------------------------------------

「ありがとう80s☆」


テーマは80年代!

洋楽邦楽を問わず、懐かしい音楽に耳を傾けながら、楽しい時間をシェア。80年代ファッション、グッズ、想い出…そしてリクエストしたいCDやレコードを持ち寄って、みんなで素敵な空間を作り上げましょう

DJといっても、クラブのような大音量で音楽を流すことはありません。ホームパーティのような、飾らない、リラックスしたイベントです。

日時:2012年7月1日(日)15:00~19:00
※入退場自由。DJは15:30ぐらいからスタート予定です☆


場所:音楽と本のあるカフェ&バー「コネクシオン」
【所在地】
東京都杉並区高円寺南4-23-4 中銀高円寺マンシオンB1
※高円寺駅南口から徒歩約1分・高南通り沿い

大きな地図で見る

【コネクシオン 公式サイト】
http://www.koenji-connection.com

【コネクシオン ブログ】
http://connect70.exblog.jp


料金:オーダーのみ(チャージ無料)


DJs

DJ みっちー(デビュー)
DJ ますみん(デビュー)
DJ ろいかーん(デビューfrom GREE)
DJ ピーポー
DJ matchy
DJ ヨスカー
DJ yuki(デビュー)
DJ AKSG(デビュー)←これが私!

---------------------------------------------------------

 私(DJ AKSG)の出番は15:40~16:00の20分。80年代にスポットを当てたイベントということで、私も80年代を中心としたユーミンのナンバーを5~6曲セレクトします。皆さん、もし良ければ応援がてら是非遊びに来てくださいませ。80年代好きな人ならきっと楽しめるはず!

 また、当日はリクエストタイムがあるみたいなので、(必ずかかるかどうかは約束できないけれど)、80年代のレコードやCDを持ち寄ってみるというのも一興かも。

春の松さんまつり

 うわっ、これ、今年初のエントリーですか?あけましておめでとうございます!(ダメダメ)


 年が明けてから相変わらずドタバタしていて、ブログ不精になっているのですが、書き残したいことが幾つか浮かんだらドドっとアップするので、ことしもノンビリお付き合いください。



 さて、先日、新宿二丁目「ArcH」での平日某イベントにフラっと行ってきたのですが、松たか子の「コイシイヒト」にグッと来てしまい、ここ数日、一人でプチ松さんまつり(≠ヤマザキ 春のパンまつり←ごめんなさい)です。

 まずは、グッと来た、「コイシイヒト」(2001年3月14日リリース)。ちょっと切ないのは歌詞やメロディのせいだけじゃなくて、自分が札幌から東京へ引っ越す時期と重なっていたからだということに気づいた。



 そして「桜の雨、いつか」(2000年2月9日リリース)。当時、ユースケ・サンタマリアと共演してたドラマ(お見合い結婚)の主題歌だってくらいの認識しかなかったんだけど、あらためてよく聴いてみると、レクイエムというか亡くなった大切な人への曲だったのね。この曲のPVの松さんは、本当に良い表情をしている。メロディも良いなぁと思ったら、そうですか、武部さん作曲ですか。なんだか納得。

 
 デビュー曲「明日、春が来たら」(1997年3月21日リリース)。今年はまだ寒いけど、春が近づくこの時期、聴きたくなります。そうか、リリースされてからあと2日で、ちょうど丸15年なのねぇ。


 

夏の構成

 さっきまでBGMがユーミン『SEASONS COLOURS-春夏撰曲集』の「Summer」盤だったのですが、構成が流石すぎる。

 初夏→梅雨入り→梅雨の晴れ間→梅雨末期の雷→梅雨明けで夕涼み→盛夏→夏の終わりの気配→残暑→晩夏という構成。この流れで聞くと、「Hello,my friend」は夏の終わりの曲なんだなぁ。「Hello, my friend 今年もたたみだしたストア 台風がゆく頃は涼しくなる」。




 個人的に好きな曲は「LATE SUMMER LAKE」。「もののあはれ」という感じです。「きみにとてもききたいよ 若さは幻かと 堕落は虹の光に 哀しいほど似ているかと」。



SEASONS COLOURS-春夏撰曲集-SEASONS COLOURS-春夏撰曲集-
(2007/03/07)
松任谷由実荒井由実

商品詳細を見る



acacia(アケイシャ)

 ユーミンのアルバムで2001年6月にリリースされた『acacia(アケイシャ)』というアルバムがあります。

acacia(アケイシャ)acacia(アケイシャ)
(2001/06/06)
松任谷由実

商品詳細を見る



 2001年6月といえば上京して3ヶ月目。就職した会社で新人営業研修をしていた頃で、音楽を楽しむ精神的余裕がありませんでした。アルバムはリアルタイムで買ったものの、そんなに聴きこむこともなく、ライブにも行かずじまいでした。ユーミンはだいたい押さえてる自分ですが、正直に言って、このアルバムは個人的にあまりインパクトが無かったのです。少なくともリリース当時は。


 時は流れて2010年6月。そう、ここのところなのですが、「acacia(アケイシャ)」が自分の中でなぜかヘビロテ状態になっています。リリースして9年後になぜ?本当のところは自分でも分からないのですが、新しい部屋への引越しが上京直後の記憶を蘇らせたからかもしれません。


 『acacia(アケイシャ)』をあらためて聴き込んでみると、ミックスの影響なのかドライな空気が漂う一方、個々の曲からは湿り気が漂ってくる(もっと言うと、ドメスティックな印象を受ける)。ユーミンのアルバムではあまり無いタイプだし、トータルでの統一度や洗練度は決して高くない作品だと思う(強いて言えば、結婚休業後 初のオリジナル・アルバムだった『紅雀』を少々洗練させた感じかなぁ…)。


 けれど、今聴くとそこが面白かったりする。ユーミンもきっと過渡期だったのかな、と思う。「ノスタルジック」「王道ポップス」な感じと「今」な感じとをどう融合させるか、色々模索してる感じが見受けられたし。そんな試行錯誤ぶりを味わうのに『acacia(アケイシャ)』、なかなか良盤だと思います。「哀しみをください」「110°F」みたいに湿度を感じたい人も、「MIDNIGHT RUN」「Lundi」みたいな(大仰な)ドラマティックな感じを味わいたい人にオススメ。

 一応、先行シングルも3タイトル収録されていて、日テレのシドニーオリンピック イメージソングだった「PARTNERSHIP」(アルバムバージョン)、TBS『ウンナンのホントコ!/未来日記VIII』テーマ曲だった「幸せになるために」、フジ『ムコ殿』主題歌だった「7 TRUTHS 7 LIES~ヴァージンロードの彼方で」と多彩。


 特に、「7 TRUTHS 7 LIES~ヴァージンロードの彼方で」はかなりポップで、「やればできるじゃん」と当時から思っていたものでした。今聴いてもなかなか良いと思うなぁ。PVもなかなかだし。



本当にこれ・・・

 変なダンスといい、皆殺しといい、ゲイっていうかオカマ以外に誰が喜ぶんだろう?ってなPVですが。ドラァグ・クイーンショーの良い教材になるんじゃないのかな。先日に行ったLADY GAGAライブ以来、かなりハマッてます。


Xperiaにタッチしてきた

 以前のエントリーでも紹介しましたが、今年4月にNTTドコモからソニーエリクソン製のAndroid携帯「Xperia」が発売されます。その発売に先駆けたTouch & Try Eventが昨日(3月7日)から銀座のソニービル8F コミュニケーションゾーン OPUS (オーパス)で始まったので、早速行ってきました。

 自分はドコモとは別の携帯キャリアを使っているので、正直言ってXperiaを買わないとは思うのですが、Androidの使用感が気になるので行ってみました。Google自ら手がけたAndroid携帯「NEXUS ONE」(製造はHTC、日本では発売未定)がAndoid2.1(最新)なのに比べ、XperiaはAndroid1.6ということで、1.6でどれくらい動くかも気になっていたし。

 で、Xperiaにタッチした感想。OSが最新ではないandroid1.6だけど、わりとサクサク動いてた。日本語が入力しやすいように工夫されている。GoogleMapやYouTube、Gmail等のGoogle関連サービスの使い勝手も悪くない。会場が暗いわりには、カメラで撮影した画像もなかなかキレイ。ハード面は、多少チューンアップする余地も感じるものの、総じて合格点。なので、あとはアプリがどれだけ充実するかに掛かってるかな。あと、ソニーだけに、音楽管理ソフトは若干独特な感じがしました。


 あと、ビジネスユースだけでなく、一般の携帯ユーザーにも訴求するためには、iPhoneのようにできれば携帯キャリアメールの送受信ができれば理想的なんだと思う。メールを受信する分には、Gmailアドレスで全く差し支えなし。だけど、こちらから携帯アドレスへメールを送る場合、携帯アドレスサイドで「PCアドレスからのメールを受信しない」設定にしている場合も少なからずあるからだ。


 仕事上の重要な用件は普通PCメールでやり取りするであろうことを考えると、ビジネスユースの場合、GmailをはじめとするPCアドレスだけで十分な気もする。けれど、一般の携帯ユーザーにとって携帯でのメールのやりとりが重要なコミュニケーションの一つだということを考えると、キャリアメールも送受信できるとやはり便利だろうと思う。

大相撲春場所番付発表

 今月1日、大相撲春場所(3月14日初日)の番付が発表になりました。

 通常、新番付は前の場所終了3日後の番付編成会議で横綱から序の口まで全て決められます。今回、初場所後の番付編成会議後に朝青龍が引退したので、朝青龍が番付に残るかどうか注目されましたが、蓋を開けると白鵬が東横綱で西横綱は空位です。番付は既に決まっていたが、朝青龍引退から番付発表まで時間があったので、朝青龍を番付から外すのに間に合ったようです。

 ちなみに初場所では朝青龍が13勝(優勝)・白鵬が12勝(優勝次点)で、朝青龍が引退していなければ、春場所は東横綱:朝青龍、西横綱:白鵬になるはずでした。つまり、本来西横綱になるべき力士が「スライド」したという異例の番付になったわけです。

 以上、相撲好き以外にはわりとどうでも良いネタです。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。