NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリップ

活動ブログのエントリーにも書いたけれど、

今日(日付が変わったから、正確には昨日である26日)、

静岡県の県民企画講座「親子で語る『カミングアウト』」、

本日が開催日でした。



パートナーのわたるくんとお母様のモモさんが講師で、

私も日帰りの旅(?)に同行しました。

講演会前には、雨の中、3人で登呂遺跡に行ってみたりして。



関東を離れるのは昨年9月のレインボーマーチ以来なので、

ちょっとした遠足気分でした。

ちなみに、わたるくん&モモさんの3人で遠出するのは、

家族研究・家族療法学会自主シンポへ遠征した

昨年5月末の博多行き以来です。





会本体については活動ブログに譲るとして、

今回の司会の大畑智矢くんは

私の札幌ミーティング時代からの友人で、

実は僕にとって生涯最初のゲイの友達

(僕が7年前にデビューしてすぐに出会った)なので、

何だか感慨深かったです。今日は智矢くんのお母様も

聴きにいらしていたし。





また、本番後の懇親会では、

2月26日がわたるくんとの交際5周年ということで、

主催者ご一同からサプライズプレゼントを頂戴しました。

「おめでとう」ケーキや花束、

そして3月3日が近いということで、

お内裏様とお内裏様の人形を。

もう、危うく涙を流してしまうところでしたよ!





こういう5周年記念日の過ごし方って

とても僕たちらしいなぁと思った一日でした。
スポンサーサイト

静岡講演会、無事終了。

以前のエントリーでお知らせした

静岡県の県民企画講座「親子で語る『カミングアウト』」、

本日が開催日でした。



パートナーのわたるくんとお母様のモモさんが講師で、

私も日帰りの旅(?)に同行しました。



会自体は、モモさんの心の変遷ぐあいに

聴講者の方も非常に興味をもたれたようで、

質疑応答の時間も色々な質問が寄せられました。

パートナーだから言うんじゃないですけど、

わたるくんとモモさんの話は秀逸だとあらためて思いました。



また、私は一参加者のはずだったんですが、

打ち合わせの段階で

「本番でちょっと話してくださいねー」という流れになり、

実際の本番では、それなりの分量を話しました。

しかもフロアからではなく、講師席サイドで(汗)

でも、質疑応答も含めて、非常に楽しい会でしたよ。

マサチューセッツ州でゲイバー襲撃

>米のゲイバーで銃乱射事件…同性愛への憎悪か、3人が重傷

(サンケイスポーツより)




米東部マサチューセッツ州ニューベドフォードのゲイバーで2日未明、若い男が客に小型のおので切りつけ、短銃を乱射するなどして少なくとも3人が負傷した。



男はそのまま逃走したが、地元警察は客の証言から付近に住む18歳の男の犯行と断定。同性愛者への憎悪犯罪とみて、殺人未遂容疑で行方を追っている。



AP通信などによると、男はバーテンダーに「同性愛者の店か」と尋ねた後、ビリヤードに興じていた客を襲い、おので頭に切りつけた。さらに、ふところから短銃を取り出して周りの客めがけて乱射した。



警察によると、男は警察の少年更生施設を出ており、自宅からはナチスのマークや反ユダヤ的な文書がみつかっている。



(サンケイスポーツ特電)







>同性愛バー襲撃の18歳容疑者、警官に撃たれ死亡

(CNN Japanより)




(CNN) 米マサチューセッツ州の同性愛者向けバーで銃を乱射したなどとして殺人未遂容疑で手配されていた18歳の男が4日、アーカンソー州内で警官に撃たれ、病院に運ばれたが5日死亡した。男は逃走中に、車に同乗していた女性(33)と警官1人を射殺したとみられる。



警察の調べによると、ジェイコブ・ロビーダ容疑者は4日、アーカンソー州内の路上で警官に車を止められた際、この警官を射殺。そのまま25キロにわたって逃走したが、警察が路上に仕掛けたパンク装置で停止した。ロビーダ容疑者はその場で同乗の女性の頭部を撃ち、追跡してた警官らに銃を向けたとされる。警官のうち1人が同容疑者を銃撃し、これが致命傷となった。



ロビーダ容疑者は1日、マサチューセッツ州の自宅付近にある同性愛者向けのバーで、銃やおので店内の客3人を襲い、負傷させた疑い。知人らによると、同容疑者は人種差別主義者で、自室にナチスの印章などを飾っていた。同乗の女性は元恋人との情報があるが、詳細は不明だという。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。