NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『世界』9月号の坂本龍一さん

 ここのところ、岩波書店の『世界』を毎月購読しています。私の師匠 山口二郎教授が、政治家との対談シリーズ(最新号は共産党の小池晃議員と)を連載していることもあるのですが、その他の記事もなかなか読み応えがあります。一時期は、ちょっと理念的すぎる傾向もあったように(個人的に)感じる『世界』ですが、最近はジャーナリスティックな記事も増えてきています。



 最新号の2006年7月号では、電機用品安全法(PSE法)への反対運動を展開した坂本龍一氏へのインタビュー記事「エゴからはじまる 新たなエコロジー」が載っていたのですが、その中に興味深い一節がありました。



 環境について考え、行動する際には「身近なことにこだわって遠くを見るべき」で、そういう意味で「先ず徹底的にエゴでなければならない」と言う坂本氏。エコロジーのもつ危険性について、坂本氏は以下のように語っています。





「エコロジーが純粋で健康的なものであるわけはないと思うんです。健康で自然に帰れということで弱者を切り捨てる、ナチスの健康志向を例に出すまでもなくエコロジーにそういう側面があるのは確かです。例えばHIVであるとか、性的マイノリティである人々のことを抜きには考えられません。僕の経験でいうと、六〇年代に学生運動をやっていた人たちが七〇年代にはみんなエコに凝り始めました。しかし僕が反発したのはまさにこの問題で、全体主義的な指向がどうしてもそこに見えてくるのです」



(『世界』2006年7月号、186ページより)





これを読んで、「おっ、坂本教授、分かってるねぇ」と感心しました。「エコロジー」と「弱者切り捨て」、良い視点だなぁと思いました。坂本氏へのインタビュー記事は全般的に面白いので、関心をもたれた方は、是非ご購読くださいね(私は岩波書店の回し者ではないですが(笑))。あ、山口教授の対談もオススメです。今回は、山口教授のため息が行間から聞こえてきそうな内容ですので。

スポンサーサイト

引退と美学?

連続して相撲ネタですが。いいのよ、自分のための日記だから。





某サイトで北天佑の死を悼む掲示板があったのですが、そこで「陥落しないで引退したのって、北天佑が最後だっけ?」という書き込みを見てハッとしました。



実際、北天佑以降に引退した大関を見ると





○北天佑(引退:1990年)

 大関のまま引退(在位中、陥落経験無し)



○霧島(引退:1996年)

 大関陥落→平幕で続行→引退



○小錦(引退:1997年)

 大関陥落→平幕で続行→引退



○貴ノ浪(引退:2004年)

 大関陥落→平幕で続行→引退



○武双山(引退:2004年)

 大関昇進直後に一度陥落→翌場所10勝挙げて大関復帰

 →その後大関に在位し続け、大関のまま引退





 武双山も大関のまま引退していますが、昇進直後に腰の怪我で関脇に陥落しています(その直後、大関復帰)。なので、陥落経験のない最高位 大関として引退したのは北天佑が最後になります。





 ちなみに現役で最高位が大関(現役大関5人+大関経験者2人)の力士は7人。



○千代大海:大関昇進後、陥落経験無し(角番9回)

○魁皇:大関昇進後、陥落経験無し(角番9回)

○栃東:2度陥落しているが、その度、「10勝ルール」で翌場所後に復帰(角番、この名古屋場所で7回目)

○琴欧州:昨年九州場所後、大関昇進(陥落経験無し)

○白鵬:今年春場所後、大関昇進(陥落経験無し)

○出島:陥落→平幕で現役続行中

○雅山:陥落→平幕で現役続行→今場所、大関復帰のチャンス



という状態で。



サンスポあたりのコラムだと、「今の大関は『引き際の美学』が無い」って批判コラムが書いてあったりするんですが。そもそも陥落が無い横綱と違って、大関は陥落後の現役続行もありなのかなと僕は思ったりするのですが。今場所の雅山みたいに、再チャレンジできる稀有な例もあることですし。



ちなみに、陥落後、現役続行した霧島・小錦・貴ノ浪は幕尻で負け越し(もしくは負けが込み)、翌場所十両に陥落する可能性が濃厚な時点で引退しています。やっぱり、元大関としては十両では続けたくないと言うことでしょうか?

日本中で一番大事な人だった。

皆様ほとんどご存知ないかもしれませんが、私は20年来の大相撲ファンでして。当時は今のようなインターネットがなかったので、新聞のスポーツ欄の番付表を切り抜いてコレクションしていたものでした。サッポロの一小学生が本物の番付表を取り寄せられるはずもなかったですし。それを考えると、今は本当に情報が得やすくなった。



 大相撲を毎場所テレビで見始めるようになった小学校5年生(1986年)当時、上位陣にいたのは横綱千代の富士、大関北尾(後の双羽黒)、大乃国、若嶋津、北天佑、朝潮、関脇 小錦、保志(後の北勝海)などでした。



 その中の一人、元 北天佑の二十山親方が、先日の23日、45歳の若さで急逝されました。自分が相撲を見始めた頃の大関が亡くなった事は非常にショックでした。



 で。二十山親方の部屋(二十山部屋)に所属していた愛弟子の幕内 白露山(ロシア出身)のコメントがこれ



>ロシア出身のまな弟子、白露山は号泣。

>「日本中で一番大事な人だった。

>今の部屋から離れても、師匠の言ったことを

>思い出して頑張るしかない」と言葉を振り絞った。



このコメントを読んで、不覚にも泣きそうになりました。

現在24歳の白露山にとって二十山親方は、本当に

日本における親のような存在だったんだろうなぁ。

「日本中で一番大事な人だった。」なんて

なかなか云える台詞じゃない。



7月9日からは名古屋場所。

白鵬の大関2場所通過での横綱昇進なるか?

雅山の5年振りの大関復帰なるか?

などトピック満載な場所ですが、

僕は白露山も応援していきたいなぁと思っています。

All About Japan最新作「LGBTの可視化に向けて」

 All About Japanの「女スパイ赤杉康伸の口紅政治情報」の新作(第9回目)が掲載されました。今回は、「Rainbow Talk 2006」と「Act Against Homophobia」に見るLGBTの可視化について取り上げました。是非ご覧下さいませ。

TMGF in ドキュメンタリーフィルム

 昨年4~6月、TMGFで東京都議選(2005年7月3日投開票)の立候補者・政党を対象とした「ゲイに関する政策アンケート調査プロジェクト」を行ないました。





 その期間中、実は某映画学校のドキュメンタリーフィルム科の学生さんが、卒業制作として、プロジェクトの模様をずっと撮影していたのです。その当時、日記に書いていたかもしれないけれど。





 そのフィルムの編集が大方完成したということで、昨日の夕方、その映画学校の試写室でフィルムを拝見させていただきました。わたるくんは残念ながら所用があったので、僕と企画者さんの二人で45分ほどのフィルムを見ました。





「アンケート調査プロジェクトの作業風景」

「わたるくんと赤杉へのインタビュー」

「昨年5月下旬、中野ZEROで開かれたきたまるさん講演会で、調査プロジェクト結果について中間報告する赤杉」

「昨年5月末、某学会の発表で博多に行った際の、わたるくん、モモさん(わたるくんのお母様)、そして赤杉のオフショット」

「カミングアウトを受けてから現在に至る心境についての、モモさんへのロングインタビュー」



などが収録されています。





 大画面で観る自分の姿は、喋り声も立ち居振る舞いもオバサンで(笑)、直視するのが恥ずかしいのですが。それでも、自分たちの活動記録が映像に残るのは、なかなか感慨深いものがあります。





 撮影中、インタビューで私が話しながら泣くシーンがあって、「きっと使われるだろうなぁ」と思って昨日観たら、案の定使われていました。しかも泣きながら、さらっと問題発言をしている自分にも気付いたし。結構本音で語っていて、まさにドキュメンタリー。







 実はこのフィルム、来月に開催されるドキュメンタリー作品中心のフィルムフェスティバル「neofest 2006 夏」に出展されることになりました。恐らく、このフィルムがこういう形で上映されるのは、最初で最後になりそうな予感。「是非、観てみたい」という奇特な方は是非、足をお運びくださいませ。





○フィルムフェスティバルの詳細



(場所はこちら参照) 





時間帯は、7月17日16時~と7月21日21時~の2回上映。Oプログラムの名執たいすけ監督『一緒ネ!』が、そのフィルムです。

思い出になる一日

 三日前(木曜)の夜は、仕事終了後、完成したTLGP2006ガイドブックの配布作業大会に参加。仕事を早く切り上げて、18時15分頃、集合&仕分け作業場所のmfに到着。ちなみにこの日はわたるくんも作業に参加でしたが、TLGP関係の作業にわたるくんと同席するのは、これが初めての経験(交際し始めて5年半近くも経つのに・・・)。



 ご存知の方も少なくなったかと思うが、僕はレインボーマーチ札幌の東京担当実行委員を2001~2003年に務めた。しかし、「東京担当」というだけあって一人での作業(東京広告営業や広報、メルマガ運営等)がほとんどで、札幌の本体メンバーと「同じ空間で一緒に作業をする」という経験が、実は皆無に等しかったのだ。



 今回の作業、相当な数のメンバーが集まったわけだけれど、mfで汗ダクダクになりながらガイドブックの仕分け&セット作業をしつつ、「みんなでパレード作業するのって、こんな感じなんだなぁ」としみじみと思った。20代の札幌実行委員時代には経験することがなかった感覚を、期せずして30代になって東京で体験することができたわけで。



 新宿ゲイバーでのガイドブック配布作業では、一人で広告営業回りをしていたレインボーマーチ実行委員時代を思い出した。また、新宿で配布を終えた後、渋谷のゲイバーにも003号さん、わたる君と一緒に配布に行ったのだけど、移動の車中にて色々話ができて楽しかった。「今日という一日は、将来、きっと良い思い出になるんだろうなぁ」と頭の中でぼんやりと思った。

『同性婚』&早大ジェンダー研 月例会

 本当につい先日、『同性婚』というアメリカの同性婚運動の歴史について描いた翻訳本が出版されました。





 で、実は、この本の書評を書いてほしいというゲイ雑誌G-menさんからのオファーがあり、先々週末から先週頭にかけて執筆に勤しんでいました(他のゲイ仕事も入っていたので、合間を縫う感じでしたが)。



 「なるべく硬い感じのしない書評で」という難しいリクエストで、かなり呻吟して書いたのですが。先週水曜(21日)、担当編集さんからOKが出て一安心。来月発売号(2006年9月号)のG-men 瓦版コーナーに掲載されますので、お楽しみに。





 そんなわけで、頭の中が割と同性婚モード(←どんなモード?)になっている中、先週水曜の仕事帰り、早大のジェンダー研の月例会(綾部さん、情報ありがとう!)に顔を出してきました。テーマがレインボートーク(RT)2006関連ということで、3月の東京第1回のスタッフさんが発表者でした。



 理論的なこと、運動論的なこと、色々な観点で考えることが出来てワクワクしました。私も、東京第2回のRT運営者&東京第1回RTシンポジストのパートナーという立場上、質疑応答時間に少々お話をしました。RT東京第1回目のオーガナイザーである谷口洋幸さんとも久々にお話が出来たし、打ち上げで三橋順子先生のお話も聞くことが出来て、非常に楽しい一夜でした(オチなし)。

バディ最新号にコラム

 今回は思いっきり宣伝です。ゲイ雑誌『バディ』の最新号(2006年8月号)の企画「日本ゲイマーケット事情」に、赤杉がちょっとした文章を寄せています。





 この企画、今号でテラ出版を退職されるけんぞーさんの渾身の一発です。50以上の企業にゲイマーケットに関するアンケート調査を送り、回答のあった会社のうち4社の担当者へのインタビューを敢行しています。さらに東京L&G映画祭で広報を担当されていた早瀬陽一さんへのインタビューも面白いです。





 彼らが奇麗事だけじゃなく、現状のゲイ・マーケットをきっちり分析した見解を述べていて、その点が本当にとても素晴らしいと思いました。将来、必ず花を咲かせる取組みだと信じています。その中で、私のコラムも入れていただけて、光栄なような恥ずかしいような気持ちです。







 ということで、バディ記事、ヨロシクです。

堕落と虹の光

 久々の素なブログで。



 ユーミンの曲に『LATE SUMMER LAKE』(1987)というナンバーがあります。アルバムでいうと「ダイアモンドダストが消えぬまに」収録。僕、この歌が、ユーミンのナンバーの中でも五本の指に入るくらい好きなのです。このアルバム、テーマが確か「もののあはれ」だったと思うのですが、それを一番体現してる曲だなぁと、個人的に思っています。



 さて『LATE SUMMER LAKE』の中にこんな歌詞があります。



 >きみにとてもききたいよ

 >若さは幻かと

 >堕落は虹の光に

 >哀しいほど似ているかと



 で、僕は「堕落」と「虹の光」の相似性、或いはここでの「虹の光」の含意をずっと考えているのですが、イマイチ結論が出ません。いや、結論なんて出さなくてもいいのかもしれないけれど、初めてこの曲を聴いた十数年前から、ずっと気になっていて。



 みなさん、この歌詞についてどう思われますか?忌憚無きコメント、TBをつけていただけるとありがたいです。ちなみに歌詞全編はこちらで読むことが出来ます。

AGPマンスリーセミナー「第3回 ゲイの教員の可能性」

中野区長選挙は昨日が投票日で、本日が開票日。

で、さっき結果が出たようです。



東京新聞HPより(日数が経てばリンク切れするかも…)



しかし、投票率が27%台というのはいかがなものですかね…。





今週土曜日、新宿二丁目aktaにて

AGPマンスリーセミナー「第3回 ゲイの教員の可能性」が

開催されます。パートナーの石坂が講師で、私もスタッフです。

ご関心のおありの方、是非お越しください。





AGPマンスリーセミナー「第3回 ゲイの教員の可能性」 



スピーカー:障害児教育の教員 石坂わたる

(AGP 教育・子ども分科会代表)



日時:6月17日(土)17時~20時



場所:新宿二丁目 コミュニティ・スペース akta

http://rainbowring.sakura.ne.jp/contact/index.html



参加料:無料



Info:AGP 公式 HP  http://www.agp-online.jp/







 毎月第三土曜日に新宿二丁目aktaにて開催中の「AGPマンスリーセミナー」、6月はゲイの教員であり、AGP教育・子ども分科会の代表でもある石坂わたる(障害児教育)がスピーカーを務めます。



 現役教員である石坂が「教員になろうとした動機」、「ゲイの障害児教育の教員として感じること」、そして「どういう授業がありえるか-可能な点と限界点-」などについてお話をします。また、参加者とのディスカッションコーナーでは、「ゲイユースが自己肯定感を高められる教育のあり方とは」「ゲイユースのために何ができるのか」などの点につき、話を深めていきたいと思っております。



 これから教員を目指そうとしている学生の皆さん、そして「セクシュアル・マイノリティと教育」について考えてみたい皆さんに、是非お越しいただければと思っています。



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。