NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・終末期医療ガイドライン(たたき台)

 年頭のエントリーで取り上げた「終末期医療に関するガイドライン(たたき台)へのパブリックコメント募集」の件で、その後の経過についてのご報告です。





 「第1回終末期医療の決定プロセスのあり方に関する検討会」が予定通り1月11日10時~12時に開催されました。



 その議事録については現時点ではまだ厚労省のHPにはアップされていません。私のAGP(同性愛者医療・福祉・教育・カウンセリング専門家会議)の友人経由で、傍聴に行った御方から、当日の様子を聞きました。







(事務局)医政局総務課 菊岡課長補佐

(検討会メンバー)

 岩渕勝好  東北福祉大学教授

 大井利夫  社団法人日本病院会 副会長

 沖野眞巳  学習院大学法務研究科教授

 川島孝一郎 仙台往診クリニック院長

 木村 厚  社団法人全日本病院協会 常務理事

 佐伯仁志  東京都大学大学院法学政治学研究科教授

 谷野 亮爾 社団法人日本精神科病院協会 副会長

 田村里子  医療法人東札幌病院MSW課長

 土屋文人  社団法人日本薬剤師会 常務理事

 永池 京子 社団法人日本看護協会 常務理事

 樋口範雄  東京大学大学院法学政治学科研究科教授(座長)

 日野頌三  社団法人日本医療法人協会 副会長

 宝住与一  社団法人日本医師会 副会長

 南 砂(まさご) 読売新聞東京本社編集局解説部次長





 検討会当日、「たたき台」に対するパブリックコメントとして、昨年9月15日より1月9日までの間のものが整理されて全て配布されました。





 この時点で集まっていたパブリックコメントの数は65通。電子メール47件、郵送18件。うち医療関係者30名(医師が半数)、医療関係者以外31名(自営業が多い(弁護士など)いろい)、不明4名。



 研究者・報道関係者からのコメントが乏しいことが目立ちます。また、問題の重要性、それに昨年9月から募集しているという事実と照らし合わせると、パブコメの集まり具合が少ないことが気になります。



 

 第一回検討会では初回ということもあったのか、具体的なガイドラインの内容に踏み込んだ検討までは至らなかったようです。当日は主に基本方針について議論が為されていました。例えば、ガイドラインはプロセスを示すに留めるのか、判断の内容にも踏み込むのか。



 ここで、医療中止、情報提供、対象となる事態、生きることを支えるための基盤、そして現場で検討する時のメンバーの範囲について、判例も含みこんで倫理的観点から議論されました。



 ただし、たたき台における「2.終末期医療およびケアの方針の決定手続き」には踏み込まれませんでした。そのため、「2.(2).患者の意思の確認ができない場合」において記されていた「家族等」の「等」が何を指すのかや、「血縁家族」に限定された場合の問題点についてなど、重要な問題については話題に上がっていません



(多少は家族の範囲についての話題も出ましたが、ほとんど取り上げられていないに等しいです)









*参考:ガイドライン(たたき台)

 2.(2).患者の意思の確認ができない場合



1.家族等の話等から患者の意思が推定できる場合には、その推定意思を尊重し、患者にとっての最善の治療方針をとることを基本とする。



2.患者の意思が推定できない場合には、家族等の助言を参考にして、患者にとっての最善の治療方針をとることを基本とする。



3.家族や家族に準ずる者がいない場合、家族等が判断を示さない場合、家族等の中で意見がまとまらない場合等には、患者にとっての最善の治療方針をとることを基本とする。



註:ここで,「家族等」の定義は書かれていません。









 検討会はあと2回行われる予定と聞いています。その2回でどこまで議論が深まるのか、またどのような方向に議論が進むのか。初回の様子を聞いただけでは、家族と本人との間にある複雑な問題について、本人の実際に身近な人が家族とは異なる場合に現実に生じている困難について話題になるとは言い切れません。全体としては、情勢は油断ならないと思われます。





 しかし、もしこのガイドラインで、同性パートナーを含め「本人が事前に指定している者がいる場合には、その者の助言を充分に尊重して患者の意思を推定し」と書き込まれれば、今後の終末期医療の現場において同性パートナーが置かれる位置はぐっと改善されます。



 また、最低でも議事録において、家族の範囲が問題となり、議論されたことが残されていれば、それを手がかりとして、後から運動を組んでいくこともやりやすくなります。



 そのためには、現在ほとんど集まっていないパブリックコメントをできるだけ多く厚労省に届けることが肝要だと考えています。皆さんのご協力をお願いいたします。



 パブリックコメントに関しては、以下の二つのHPから厚労省に送ることができます(手続きについても書かれています)。

 



パブコメ募集のホームページ





たたき台本文(A4、2ページ)





 





また、参考として以下のサイトもご参照ください。

 

永易至文さんのウェブ上連載「同性カップルお役立ち事典」



アカスギのAll About Japan同性愛での記事



「血縁と婚姻を越えた関係に関する政策提言研究会」有志プロジェクトによるニーズ調査



日本医師会の第9次生命倫理懇談会2006年2月報告

スポンサーサイト

学習会『多様な生き方を考える』

このたび、東京メトロポリタン ゲイフォーラム

(TMGF)共同代表の二人にて

『多様な生き方を考える』という

学習会を企画しました。





日が近づいてからの告知となりましたが、

ご都合の合う方、ご関心のおありの方、

是非ご来場いただければ幸いです。

(情報のHP・日記・ブログへの掲載や、

MLへの転送等、歓迎です)







学習会『多様な生き方を考える』

日時:1月13日(土)、20日(土)

各々18時30分開場、18時45分開始



主催:石坂わたる&赤杉康伸 

(東京メトロポリタン ゲイフォーラム)



会場:なかのZERO(学習室1)

http://www.nices.or.jp/02guidance/02-1.html



入場料:特になし





内容:



第1回目(1月13日) 

「同性パートナーシップと暮らし」

(スピーカー:石坂わたる&赤杉康伸)



第2回目(1月20日)

「同性愛者と家族 カミングアウトについて考える」

(スピーカー:石坂わたる&石坂モモ(わたるの母))



問合せ先メールアドレス

tmgf2001@mbk.nifty.com

(東京メトロポリタン ゲイフォーラム)

Asian Beauty?

 AAJの女スパイ連載、今年第1回目となる最新号が本日掲載開始になりました。先日来取り上げている、「終末期医療に関するガイドライン(たたき台)」についての記事です。



女スパイ赤杉康伸の口紅政治情報「もしもパートナーが病気で倒れたら?」



 

 ・・・が、1ページ目の挿絵を見て、自分で卒倒(注:毎回の女スパイ画像は、掲載されるまで私自身も知らない状態)。「Asian Beauty、世界が嫉妬」、若しくは「2007年最初の悪夢」ということで、楽しんでやってください。





 あ、画像に目が行きがちですが、内容も勿論オススメです。先日の日記にプラスして、日本医師会の動向や、ガイドライン(たたき台)の具体的な文案なども盛り込んでいますよ。

終末期医療に関するガイドライン その後

前回のエントリーで紹介させていただいた

「終末期医療に関するガイドライン(たたき台)」への

反響、ありがとうございます!





お友達やお知り合いのブログでも

早速取り上げていただきました。

本当にありがとうございます!

(以下、順不同)



「まだナナシ」さん:同性愛に関する問題





「ぼせweb」さん:自分になにかあったとき





「フツーに生きてるGAYの日常」さん:LGBT可視化に向けて046●いざという時のための可視化。終末期医療に関するパブリックコメントに投稿を!







 私自身ですが、前回のエントリーの後、もちろんパブリックコメントを厚生労働省に送りました。既にAAJ用の記事も書き上げて、管理者にお送りしたので、来週頭には掲載される手はずになっています。





 事の重要性を考えると、ひとりひとりのパブコメと同時に、もしかしたら当事者団体・個人の連合によるロビイング活動なども必要になってくるかもしれないですよね。それに向けて、ちょっと戦略を練ったり、関係者と話をしてみようかなぁと思っています。





 また動きがあり次第、随時こちらでもご報告しますね。

【緊急のお願い】終末期医療のガイドラインに関するパブリックコメント

皆様



2007年が始まりました。

昨年9月に祖母を亡くし喪中のため、

祝賀のご挨拶は申し上げられないのですが、

今年も何卒宜しくお願い申し上げます。



さて、年明け早々心苦しいのですが、

9日後に迫った厚生労働省の検討会に

関連して緊急のお願いがあり、

エントリーをアップします。



 終末期医療(ターミナル・ケア)の場面における

同性パートナーが、無情且つ過酷な現状に

さらされることは、昨年春の「Rainbow Talk 2006」でも

事例が報告されました。





 特に、突然の病気や不慮の事故に倒れた当事者が

自分で意思表明を行えなくなる場合、残された同性

パートナーではなく、普段は交流が全く無い(法律上の)

家族・親戚・肉親が介入するため、同性パートナーが

面会すらできないケースが多数存在します。





 また、同性パートナーが公正証書を仮に作成して

いたとしても、医療関係者や家族がその内容を

尊重しない場合は実効性を持たないという

厳しい現実もあります。





 しかし、この「(法律上の)家族重視」は法的な規定が

あるわけではなく、医療や福祉現場での「慣行」として

実はそうなっていただけです。





 昨今の自己決定論などの高まりもあり、

この終末期医療のあり方について

1月11日に厚生労働省で第1回目の検討会が開催されます。





以下、情報転載(若干補足あり)





厚生労働省医政局

「第1回終末期医療の決定プロセスの

あり方に関する検討会の開催について」



平成19年1月11日(木)10:00~

東京都千代田区霞が関1-2-2

厚生労働省 専用第18・1920会議室 (17階)





詳しくはこちら



傍聴の申し込みもこちらです。





 傍聴に行けるなら是非行けたら良いと思いますが、

平日だし、年始だし、たぶんなかなかに厳しいと思います。



 それであれば、この検討会に合わせ、パブリックコメントを

送るのはどうでしょう。 パブリックコメントは、今年度末

(2007年3月31日)まで受け付けるようですが、ここで一発、

検討会の前に送っておくといいんじゃないかと。





パブコメ募集のホームページ



たたき台本文(A4、2ページ)



 叩き台の中身としては事前指示書のような内容が

盛り込まれていて、その点は評価できるのですが、

医療者主導であり、かつ意思決定が「家族」に行って

しまうリスクもないでもないような感じです。あやういです。





 自分で医療内容の希望が表明できなくなった時には、

家族ではなく、本人が指名する代理人(たとえば

自分のパートナー)が代理行為をすると、そのように

ガイドラインで明言される必要があると思います。





 国のガイドラインは法律ではないですが、それと

近い拘束力がありますので、きわめて重要です。





 ちなみにですが、最近話題の任意後見制度では、

この問題はクリアできません。任意後見は財産権の

問題でして、医療における代行権については

範疇外なのです。





内容についての転送大歓迎です。

是非この情報を広めてください。



----------------



転載以上。





 もし可能な方がいらっしゃれば検討会の傍聴を、

難しい場合は是非、上記たたき台へのパブリック

コメント、宜しくお願いします。



 「パブリックコメント」と言うと難しく聞こえますが、

上記でもあるように



「自分で医療内容の希望が表明できなくなった時には、

家族ではなく、本人が指名する代理人(婚姻外関係であっても

実生活などを共にする自分のパートナー) が代理行為をする」、

とガイドラインで明記してください。



で十分OKです。

(自分の経験談などつけられる方がいらっしゃれば、尚良し)





 先日、ゲイ雑誌「バディ」さんの

DP関連インタビュー記事(現在発売号で掲載)でも

このガイドラインについて触れる機会があったのですが、

こういった機会に声を上げたり、情報を共有することは、

本当にとてもとても大切です。



 もちろん、私自身もパブコメを送り、この後すぐ、

この件につき担当しているAll About Japan 用の

記事を書きます。





 専門家や行政に対して、当事者である自分の声を

届けるチャンス、是非活かしましょう。また、当事者間で

この情報を是非共有しましょう。他のMLや、ブログ、

ミクシィ日記、HPなどへの転載等も歓迎です。





お手数をお掛けいたしますが、

何卒宜しくお願い申し上げます。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。