NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<性同一性障害>就職内定取り消されデザイン会社に損賠訴訟

JUGEMテーマ:ニュース




<性同一性障害>就職内定取り消されデザイン会社に損賠訴訟

2月13日11時13分配信 毎日新聞






 性同一性障害(GID)による就職内定取り消しは違法として、男性として暮らす女性(33)が、広告デザイン会社「アドテクニカ」(静岡市駿河区)を相手に、慰謝料など約198万円の支払いを求めた損害賠償訴訟を静岡地裁に起こしていたことが分かった。



 訴えなどによると、女性はGIDを告げずに下村岳雄社長らと面談。昨年9月10日、「21日から勤務が決まった」と連絡があり、東京から市内に引っ越して、同20日に入社承諾書や性別が女性と記載されている年金手帳などを会社に提出した。



 同日中に、会社から性別の問い合わせがあり、女性がGIDについて説明すると、翌日に会社から電話があり、「身元保証書を代筆したり、性別詐称をする人は信頼できない」などとして、内定取り消しと引っ越し代などとして10万円の支払いを告げられた。



 女性の弁護人は「GIDと明かして就職活動をしても、現状では採用はまず無理。今回のようなケースが認められれば、GIDの人は生きる権利を奪われる」と批判。一方、下村社長は「性同一性障害だから取り消したのではない。身元保証人の署名を自分で書くなど、重要書類を偽造する人は信用できないと判断した」と話している。【浜中慎哉、山田毅】
スポンサーサイト

セクシュアリティ・ジェンダーと選挙

 ここのところ夜遅くまで残業続き、帰宅即バタンキュー(死語)な赤杉です。2月前半いっぱいは、こういう状況が続きそうだなぁ…。疲れると、正直言って余裕ないです。最低限のメールレスポンスなどはしていますけどね。





 以前のエントリーでも書いたのですが、1月27日(日)投開票で茨城県取手市議会議員選挙が行なわれ、FTMの猿田玲さんが社民党公認候補として立候補されました。で、結果はこちら。率直に言って、かなり厳しい敗戦でした。





 実は、以前のエントリーでご紹介した後、猿田さんご本人にお目にかかる機会がありました。猿田さんご本人が自分の思いを訴える場面に遭遇したこともあるのですが、いろいろな辛い経験や思いなどを糧に立候補しようとしているのに、ご自身のジェンダーやセクシュアリティのみ言及される取り上げられ方に、相当苛立ちを感じているようでした。





 あぁ、その気持ちわかるなぁ。昨年の中野区議選の時の石坂さんと私がまさにそういう気持ちだったような。「ゲイだから」ということで無条件に投票対象外とされるのも悲しいですが、「ゲイだから」という一点のみで盛り上がり、政策や社会ビジョンについて思考停止になっていた所謂コミュニティの一部に対しても、苛立ちを感じていたものでした。



 

 しかし、昨年の統一地方選や参院選におけるセクシュアル・マイノリティ候補たちに対しては、それなりに良くも悪くも注目されていたはずなのに、猿田さんに対しては主だったLGBT論客やブロガーさんたちはほとんど言及なしですかね。「LGBTだから」という一点のみで取り上げるのもアレですが、まったく取り上げないのは、もっとひどいんじゃないですかね?

ロマ追悼碑、2月着工決定 ナチス犠牲、同性愛者碑も

ロマ追悼碑、2月着工決定 ナチス犠牲、同性愛者碑も

(東京新聞、2008年1月30日 06時03分)




【ベルリン30日共同】ナチス・ドイツに虐殺された約50万人のロマ(ジプシー)を追悼する記念碑が首都ベルリンで2月に着工されることが正式に決まった。同様に殺された同性愛者の追悼碑も建設される。ドイツ政府とベルリン市当局者が29日、明らかにした。



 ベルリン中心部には2005年、巨大なユダヤ人虐殺追悼碑が完成。予算やデザインをめぐって計画が停滞していたロマの追悼碑が近くにできることで、ナチス時代に犠牲となった2大民族の碑がそろうことになる。政府が近く正式発表する。



 政府当局者によると、建設計画がこのほど連邦議会の委員会で承認され、首都中心部ブランデンブルク門や連邦議会ビルに近いティアガルテン公園内に建設される。噴水型の碑で、今年秋の完成を目指す。



 同性愛者の追悼碑も今年春に同門とユダヤ人碑のそばに建立される見通しとなった。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。