FC2ブログ

NOV'S BLOG

しがないゲイが考えていること。

成年・未成年

杏野先生のブログより





性同一性障害、「子が成人」で性別変更容認・与党が改正案



 心と体の性が一致しない性同一性障害者の戸籍の性別を変更できる特例法に関し、与党は24日、改正案をまとめた。現行法は「子どもがいないこと」を性別変更の条件の1つと規定しているが、「未成年の子どもがいないこと」に緩和する。改正案が成立すれば、「女性の父」や「男性の母」が法的に認められることになる。



 自民党は同日の法務部会で改正案を了承。与党は超党派での議員立法による今国会提出を目指し、民主党に協議を呼びかける。



 特例法は性同一性障害に対する認知が高まったことを受け、2003年に超党派の議員立法で成立した。戸籍と実生活での性が違うことを理由に、公的な手続きや就職などで被っていた社会生活上の不利益を解消することが目的。家庭裁判所に審判を請求し、認められれば戸籍の性別を変更できると規定している。

(日本経済新聞、2008/04/24)







性別変更の要件緩和 性同一性障害で自民改正案(共同通信配信)




 自民党法務部会は24日、心と体の性が一致しない性同一性障害者の戸籍の性別を変更できる特例法に関し、子どもがいる場合は性別を変更できない現行法の「子なし要件」を緩和する改正案を了承した。子どもが成人していることを条件に「女である父」や「男である母」を容認。民主党は、子どもの年齢に関係なく同要件の全面的削除を検討中。今後、与野党間で調整がつけば、超党派で改正案が今国会にも提出、成立が図られる見通しだ。



 同法は性同一性障害に対する認知が高まったことを受け、2003年7月、超党派の議員立法で成立した。戸籍と実生活の性が違うことを理由に、公的手続きや就職などで被っていた社会生活上の不利益を解消するのが目的だった。同法の成立で家庭裁判所に審判を請求し認められれば、戸籍の性別を変えられるようになった。

(2008/04/24 10:13 【共同通信】)



-------------------------------------------------------------------

引用、以上。





 GID特例法のいわゆる「子なし要件」撤廃をめぐる動きが、

いよいよ水面下から政党間協議、法案提出、国会審議の場に

移っていくようです。



 政府・与党は子が「成年」の場合に限って、民主党は

子の年齢に関係なく、親である性同一性障害者(という言い方も

非常に微妙ですが)が各々性別変更できる案を持っているとのこと。

(性別の変更は、正式には「戸籍上の性別の取り扱いの変更」)



 現実政治の力学により、この2つの案がどうなっていくのか

政治・立法過程を追う人間としては注視したい。



 私の今回の件に関するスタンスは、以前のエントリー

でも書きましたが、それに指摘をひとつ加えます。



 「子なし要件」そのものの存在、そして「子の成年・未成年」を問う

立法府(つまり国会議員ね)、所轄庁(つまり法務省)の考え方というのは

将来、同性パートナーシップの法的保障が具体的な日程に上る際にも

反映される可能性があるということ。



 つまり、将来、もし仮にDP法や同性婚を認める法改正が行なわれる際も、

子どものいる、もしくは未成年の子のいる人間は、法律の対象要件外になる

(つまり、登録であったり婚姻ができない)可能性が非常に高いということです。

このままの意識で政治家や役所が続いていけば。



 付け加えて言うと、DP法や同性婚が実際に導入されている欧米では、

子がいる人でも同性パートナーと登録・婚姻はできるものの、

同性カップルの片方のパートナーの実子に対して、

もう片方のパートナーが「親権」を持つというのはなかなか難しい。

いわんや、GID特例法の要件変更だけでこんなに時間がかかる日本は、

DP法・同性婚が議論に上ったときにどういう動きになるだろうか・・・。

そんなことは、想像しておいたほうが良いかも知れません。

東京メトロポリタン ゲイフォーラム(TMGF) ミクシィコミュニティ、始動。

 実は、石坂わたると赤杉康伸が2001年5月に結成した「東京メトロポリタン ゲイフォーラム(TMGF)」も、来月で結成満7周年になります。ここ数年、石坂さんの選挙があったり、私がパレード運営やTOKYO Pride運営に携わったりと、共同代表各々にソロ活動が多かったのですが。この春から「TMGFの赤杉」としての活動を久々に中心に据え、いわゆる「TMGF中心主義」を宣言したいと思います。





*公式HP

http://www.geocities.jp/tmgf2001jp/



*公式ブログ(こちらのほうが、更新頻度高め)

http://blog.livedoor.jp/tmgf/





 TMGFは、「東京都(特別区、三多摩地域、伊豆諸島、小笠原諸島)で暮らすゲイのための情報を調査・発信」し、「東京都をよりゲイが暮らしやすい地域にするための生活環境や地域政策のあり方を考えてい」くことを目的として立ち上げられた2人ユニットです(カギカッコ内は、TMGF公式HPより引用)。



 これまで、各種選挙における、立候補(予定)者や政党などへ、ゲイに関する政策アンケート調査を実施し、寄せられた結果を公式HPにて公開してきました。また、2007年1月には学習会を開催し、2008年1月には新宿二丁目community center aktaにて、国内外のパレード写真展「Walking Together」を主催しました。



 そして、7周年を来月に控え、TMGFとして、ようやくmixi内に公式コミュニティを立ち上げました。ぜひ、皆様ご参加くださいね。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=3276886





 TMGFコミュニティはTMGFならびに、TMGF共同代表石坂・赤杉の活動をご報告するとともに、TMGFとしてアクションを起こすテーマについて、皆様と語り合える場にしたいと思っています。共同代表 石坂・赤杉ともに性自認は男性、性的指向は同性という、いわゆるゲイです。が、それ以外のセクシュアリティ・ジェンダーの方でも、TMGF共同代表2人と問題意識を共有できる方は参加歓迎です。



---------------------------------------------





※TMGFコミュ内で発生した人間関係等のトラブルについては、TMGF共同代表としては責任を持つことが出来ませんので予めご了承をお願い致します。 

また、このコミュニティにはmixiのヘルプから引用した以下の文章も適用されますし、mixi利用規約の他ルールとして以下のことがらを守ってご利用いただくようご協力をお願い致します。



※発言や投稿等は、ご自身の責任においておこなっていただくようお願いします。人によっては悪意がない発言でも、第三者にとっては不愉快に感じられ、トラブルに発展してしまうケースもあります。また、発言や投稿が法令違反や権利侵害にあたる場合には、損害賠償などの民事責任の他、刑事責任を問われることがあります。議論が白熱している時や、相手に反対する意見等を書き込む際は、もう一度書いた文章を読み返し、無用なトラブルは回避するようにご利用ください。



※TMGFコミュニティ内で参加者や個人、団体を誹謗中傷するような書き込み、他人を侮辱するような内容の書き込みがあった場合や、いわゆる荒らし行為があった場合はは管理人・副管理人の権限で削除させていただきますので予めご了承をお願い致します。

ご心配をおかけしました

 体調の件ですが、先々週土曜日をもって一連の検査も一通り終わりました。



 数値や症状が小康状態を保っているため、医師のお墨付きも得て、直近の入院は回避できることになりました(6月に一泊二日の検査入院予定で、その結果しだいでは6月後半以降に少々入院するかもですが)。



 とりあえず、「脂っこいもの(揚げ物とか)」「刺激物(香辛料が強く効いてるものとか)」「アルコール」は引き続きNGですが、それを除けば、気をつけつつ食事OKになりました。でも、ダイエットもかねて、しばらくは減量食を続けようと思います。

TPP7th 「第1回新規パレードスタッフ説明会」

 ということで、第7回東京プライドパレード 「パレードスタッフ」(旧 ボランティアスタッフ)新規説明会のお知らせですよ。



 なんと明日なの。今ならまだ間に合うぜ!(←ていうか、事前登録不要だし)。









「第1回新規パレードスタッフ説明会」の開催について





下記の要領で新規パレードスタッフ説明会を開催いたします。 



--注意事項---

1.今回の説明会は、今年初めてパレードでスタッフとして活動を希望

する方が対象となります。スタッフ業務の説明を聞いてから登録の判

断をしたいと考えていらっしゃる方が対象です。



2.第6回までの東京プライドパレードに旧称ボランティアスタッフとし

て参加したことのある方は、ご出席いただく必要はございません。

今後全体ミーティングを予定しておりますのでいままで旧称ボランティア

スタッフとして参加した経験のある方はそちらへご参加ください。 



3.予約制ではございませんので、お友達をお誘いあわせの上、お気軽に

ご参加ください。



4.筆記用具をお持ちください。



----------------------------------------------------------

第1回新規パレードスタッフ説明会

----------------------------------------------------------



日時:2008年4月19日(土)

時間:午後7時00分~午後8時30分

場所:なかのZERO 学習室2

   http://www.nices.jp/facility/zero/index.html

   JR/東京メトロ東西線 中野駅南口から徒歩8分

   (会場への地図のみです、パレードに関するお問合せは

   ご遠慮ください) 

   

対象:今年初めてパレードでのスタッフ業務を希望される方

   スタッフ業務の説明を聞いてから登録の判断をしたいと

   考えていらっしゃる方。 

   

参加費:無料

持ち物:筆記用具



<<当日の説明スケジュール予定>>-変更になる場合があります-



・『第7回東京プライドパレード』開催概要 

・過去のパレードの様子(DVD放映) 

・各部門の紹介 

・パレードスタッフ登録の手続き説明 

・今後のスケジュール 

・質疑応答 



皆さんのご参加をお待ちしております!



-------------------------------------------------------------



今後の予定 

今後、下記の予定で随時説明会、全体ミーティングの開催を予定して

おります。詳細は別途決定次第ご連絡いたします。 



5月下旬

第2回新規説明会(前半)&第1回全体ミーティング(後半)



6月中旬~下旬

第3回新規説明会&第2回全体ミーティング



7月中~下旬

全体ミーティング(最終)+懇親会 



--------------------------------------------------------------

なお、ご不明な点等ございましたら、

お気軽に下記お問い合わせ先までお問い合わせください。



お問合せ先

parade@tokyoーpride.org

(実際のお問い合わせ時にはお手数ですが半角文字に変更してお送りください)

女性同士のキス広告で罰金に - シンガポール

JUGEMテーマ:ニュース




シンガポール、女性同士がキスする広告めぐり通信大手に罰金(ロイター、Yahooニュースより)





[シンガポール 9日 ロイター] シンガポールのメディア開発庁(MDA)は9日、女性2人がキスしているテレビCMをめぐり通信会社スターハブに1万シンガポールドル(約74万円)の罰金を科したことを明らかにした。



 同性愛の女性同士のキスを「美化」し、そうした関係を「許容される」ものとして描いている曲を同社が採用したことが問題視されている。



 同庁は「同性愛を容認する広告を認めないとしたテレビ広告のガイドラインに違反する」と説明した。



 シンガポールは男性間の性行為を禁じており、「いまいましいわいせつ行為」が発覚した場合には2年以内の禁固刑を科する可能性があるとしている。女性同士の性行為については法制化されていない。



----------------------------------





 先月、ILGA-ASIAのカンファレンスの報告会に行ってきたんですが、

アジア諸国はLGBT人権活動が活発で、日本が取り残されているなぁと感じました。



ただ、人権活動が活発ということは、それだけ、社会的・政治的な抑圧が

強いことの裏返しでもあるわけで、そんなことを思い出させてくれるニュースです。



そういえば5月17日は国際反ホモフォビアの日(IDAHO)。

この日に向けて、近々、とあるお知らせができることになると思いますので、

その際は宜しくお願いします。



憎まれリブガマ宣言

前回の日記は久々にアクセス数も多かったのですが、まだ言いたいことを正確に言い切れなかった気がするので、この日記を書きます。

昨年の石坂さん選挙を引っ張り、そして一連の選挙を経て実感したのは、「自分はゲイアクティビストというより、政治過程論・現代政治分析が好きな政治学徒なんだな」ということでした。政治理論や思想・哲学がいわば「理念系」の学問だとすれば、政治過程(プロセス)研究なんてまさに、打算と利害、妥協が渦巻く、人間のいろいろな面を直視しなければならないジャンルです。でも私は、1993年の政治改革論議をきっかけに、まさにそこが出発点になって、高校3年生の身で政治学を志した人間なわけで。

政治過程論を齧った人間であれば、「人間の生活はさまざまな利害のレイヤー(層)に左右されており、ひとつの要素やアイデンティティだけでは、なかなか動かない」というのはある種の常識です。昨年参院選の尾辻さんのキャンペーンが、いわゆる「LGBTアイデンティティ祭り」になったのは、政治過程論的には非常にまずかったのは明白なんですが、それを指摘するのがあまり宜しくないとされる空気があったような気がします。現に自分は危うく自粛するところでしたが、やっぱそれじゃいかんということで、昨年11月にブログや日記、AAJの記事で少々書いてみたのを、ご記憶のマイミクさんもいらっしゃると思います。

さて、昨日の日記だけ読むと、私がGID特例法の子なし要件「だけ」撤廃に単純に反対しているように見えるかもしれませんが、事態はそれほど単純ではありません。政治・立法過程論的には、確かに政治のアクター(政党、議員、官僚など)にとって抵抗の少ない案で行ったほうがロスも少ないでしょうし、確実性も上がる。そこは私も理解できるのです。奇麗事だけでは決して政治は動かない。


ただ、5年前のGID特例法立法時は、当事者のロビイング活動のほかに、社会的にいろいろな追い風や共感があったからこそ成果を得たという側面があったはずなのです。上川さんの選挙初挑戦&当選、「金八先生」におけるGIDの取り上げ、自治体議会における意見書可決、などなど。そこが若干乏しいと感じられる今回、特例法の改正案議論は、社会的な共感を得るというよりも、関係者の中だけの「コップの中の嵐」になる可能性は高い。いや、喧々諤々の議論にさらすよりは、「コップの中の嵐」におさめて、確実に法案を通そうという考え方も大いにアリではあるし、そこを当事者以外が非難するのは筋違いかもしれません。それをおかしいと思うならば、自分たちで具体的なムーブメントを起こさなきゃ。

かように、政治は単純な主義・主張・理念だけでは語れない部分がある。理念・思想研究系の方々に「汚い」と批判されることがあっても(汗)、政治過程論的な指摘を今後も続けていこうと思う。「同性パートナー」出版時の頃の赤杉が好きだったという人からは、もしかしたら失望や批判を招くかもしれない。けれども、これが2008年の赤杉康伸のリアリティなのだし、自分の考えていることを発信していくしかない。

他方、政治におけるアイデンティティの表出をことごとく批判される方々もいる。そんな方々にとっては、例えばアイデンティティを掲げるパレードは胡散臭く感じるのだろうし、TMGFみたいな「ゲイ」を掲げるアクティヴィティもNGなのだろう。しかし、個人の最初のモチベーションみたいな部分まで、アイデンティティは否定されるべきものだろうか?大切なのは、最初は個人レベルな政治意識(アイデンティティ含む)を、色々な人たちと議論・交渉することで社会的な意識に育てていくことであって、アイデンティティは一概に否定されるものでもないと個人的には思う。

しかし、現実には「アイデンティティ祭り」派と「アイデンティティ批判」派に挟まれて、なかなか身動きが取れないのが、日本の「LGBTと政治」を取り巻く現状ではなかっただろうか?正直私も、両派に反論したいと思いつつ、立場上なかなかできず苦しかった。だって、私が何をやっても「石坂への利益誘導」「パレードの過剰な政治化」って2ちゃんねらーやWiki編集者に叩かれるんだもん(笑)。そんな狭いコミュニティだけにとらわれないゲイよ、アタシ(笑)。

でも、やっぱ、どっちにしても叩かれるって分かっているのならば、色々な組織や肩書きとは別に、個人活動としてブレイクスルーを起こすことにこれからの私は注力すべきなんだろう。これから数年、政治過程論をもう一度研究しなおしたり、LGBTの枠にとどまらず、議論や連帯ができそうな層とつながっていくことを、ほかの活動よりも優先させよう。他の活動や組織には私の替えはいくらでもいるけれど(むしろ、若い子には「早く席を空けろ」って思われている気も(笑))、今まで10年近い活動経験と政治過程論をミックスさせて動こうとしているゲイなんて、私以外にそうそういないでしょうし。

あぁ、書いてすっきりしたけど、「アイデンティティ祭り」派と「アイデンティティ政治批判」派の両方を敵に回した気がする(汗)。でも、いいや。今の自分の正直な気持ちだし。憎まれリブガマ宣言といったところかな。

GID特例法改正をめぐる動向に寄せて

JUGEMテーマ:ニュース




読売新聞





性同一性障害、戸籍の性別変更緩和



「子供なし」要件見直し



 性同一性障害者に戸籍上の性別変更を認める性同一性障害者性別特例法が、性別変更の要件の一つに「子がいないこと」を掲げていることについて、与党は5日、これを緩和する方針を固めた。



 民主党も同様の方針を示しており、与野党の調整がつけば、超党派で同法の改正案を今国会にも提出、成立が図られる見通しとなった。



 同法は性同一性障害の社会的認知の高まりを受け、2003年7月に超党派の議員立法で成立した。この際、「『女である父』や『男である母』の出現で家族秩序に混乱が生じ、子どもの福祉の観点からも問題」などの意見があり、「子がいないこと」が要件に入れられた。



 しかし、性同一性障害者らは、「戸籍の変更を申し立てる人は通常、性転換手術を終えており、戸籍上の性が変更されても子どもの福祉などに影響はない」として、この要件の削除を主張。同法が04年7月の施行から3年をめどに、戸籍上の性別を変更できる性同一性障害者の範囲などを検討することを定めていることから、与党は要件の見直しを進めていた。



(2008年4月6日 読売新聞)





朝日新聞





「パパは女・ママは男」OK 性同一性障害巡り法改正へ



2008年04月08日08時01分



 心と体の性が一致しない人が戸籍上の性別を変えられる「性同一性障害特例法」をめぐり、与党は、子どもがいる場合は性別を変更できない「子なし要件」を緩和する改正案を参院に提出する方針を決めた。子どもが成人したのを条件に「女性の父」「男性の母」が認められることになる。



 民主党も同様の検討をしており、与野党間の調整がつけば、今国会中に超党派の議員立法で改正される見通しだ。



 性同一性障害者は、外見と戸籍の性別が異なることから、正社員として就職できなかったり、パスポート申請で問題になったり、様々な不利益が指摘されてきた。このため、04年7月に施行された特例法により、家裁の審判を経れば戸籍の性別を変えられるようになった。



 しかし、現行法では、子どもがいる場合は、「性別を変えると、混乱する」などとして、家裁で審判を受けられない。当事者には、当初から改善を求める声が強かったうえ、付則で施行3年後の見直しが定められていた。このため与党は、要件を「現に成人していない子がいないこと」と改正する方針で、子どもの成人を条件に、「子なし要件」を緩和する。子どもの年齢にかかわらず、撤廃を検討している民主党も与党との調整に応じる見通しだ。



 同様の特例法は、多くの欧米諸国で整備されているが、「子なし要件」があるのは、日本のみだという。この問題に詳しい大島俊之・九州国際大教授(民法)は「子どもはすでに、親の姿が変わるのを見てきている。戸籍の届け出が変わることで混乱するとは思えない」と指摘する。



 一方、法務省などは「法改正されれば『女である父』や『男である母』が初めて出現する。こうした新しい事態が果たして社会的に受け入れられるのか。家族秩序に混乱が生じる可能性があるのではないか」などと懸念を示す。(市川美亜子)





--------------------------





極私的感想:

やっぱ、当事者の中で活発に法改正に動いている方々からしてみると

「子無し要件撤廃>非婚要件撤廃」なんでしょうかね・・・。



私、昨年12月にAll About Japanでこの件について執筆しています。





その際の締めで、私はこう書きました。



「もちろん、「究極的ではない解決法」も存在します。それは「子どもをもつ当事者の実態がこうであって、この人たちの性別訂正を認めても社会秩序には何の影響もありません(むしろ、性別訂正を認めないほうが混乱を招く)。我々は例外であって、同性パートナーシップなんて、端から考えていません」という方向の訴えをすることで、「あるべき家族像」を守りたい保守派の心情に訴える方法です。



(中略)



こうした保守派を刺激しない解決策を取るのか、それとも多様な家族観を受け入れるシステムを目指していくのか。それは、最終的に当事者や当事者団体が選択することです。」



今こそ、どういう経過をたどって行くのか、

私は注視していきたいと思っています。



それと同時に、「非婚要件」の撤廃有無に関わらず、

DP関係を含む政治とセクシュアリティについて、

「ゲイ」というよりは「政治学徒」として

理論と現実両面を踏まえた提言・ロビー活動を

本格化させようと思っています。

執筆している新著も、この系譜に連なるものです。



他者の動きを批判するだけなのは本意じゃないし、

いつまでも誰か任せじゃ、もうイヤだ。

再々検査終了

昨日、再々検査を受けてきました。





黄疸はぎりぎり正常の上限値程度まで戻りました。が、肝機能の数値は若干高いとのこと(「体型的に若干、脂肪肝かなぁ」と医師には言われましたが)。





実に微妙な結果になったので、今週土曜の朝、胆管造影の専門医にさらに詳しく検査していただくことになりました。





そこで出た結果をもとに、入院・手術が必要かどうか否か、入院までの必要がない場合、どういった治療方針を取るか、慎重に判断することになりました。





モー娘。のメンバー卒業ツアー並みに、エンディングが引っ張られていますが、取り敢えず、土曜日まで食事制限で力が出ない日が続きそうです(>_<)。

SEASONS COLOURS-春夏撰曲集-(春編)






















評価:


松任谷由実,荒井由実,松任谷正隆,Caramel Mama


EMIミュージック・ジャパン




¥ 3,147



(2007-03-07)




















 昨年の今頃は石坂さんの選挙に追われ、音楽を聴く暇なんてまったくなかった。このCDも買ってはいたものの、通して聴いたのは買った直後の1度だったような気が。



 今年、入院前の諸準備や仕事片付けのため、ドタバタしているものの、さすがに昨年の春よりは時間ができて、帰宅後このCDをよく聴いている。



 で、これがコンピレーションアルバムなのに、オリジナルアルバムとして作りましたって完成度なんだなぁ。ひとつのテーマの下に書き下ろして編成したかのような統一感。個人的には♪アカシアの並木が~という歌詞が入っている「大連慕情」のあとに、「acacia[アカシア]」を持ってくる曲並びがツボ。全体を通して、1977年~82・83年くらいの曲が光っているなぁという印象。入院中も愛聴盤になりそう。GWが明けたら、今度は夏編かな。

マイナス5キロ

3月5日に胃痛で倒れてから今日までの体重減が、5キロ。1ヶ月で5キロ減はかなりハイペースとも言えるし、大幅な食事制限のわりには少ない減り幅と言えるかもしれない。



ひとまず、パンツ(いわゆるズボンのことよ)を穿く際に、きつさがなくなっていることは自分でも感じる。



次の目標は、7年前に上京してきた時の体重かな。あと8キロくらい減。最終的には今の体重から12~3キロくらい落とすことができれば、動きもだいぶシャープになるし、見た目もちょうど良くなる(はず)。



この人生で、誤差の範囲よりも大きい体重減というのは、7年前、前の会社入社時に3ヶ月間の営業で東日本を飛び回ったとき。そして、ちょうど1年前の石坂さん選挙時。どちらもその後、また太ってしまった…。原因は恐らく、仕事後や会議後の遅い時間に結構食べることなのよね。



今は食事制限のせいもあって、夜にどうしてもお腹が空いた時は豆腐かプリンを食べてます。これが良いみたい。健康が戻っても、節制した食生活は続けよう。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

nov

Author:nov

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (130)
各種活動告知・報告 (116)
LGBT関連ニュース (112)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (62)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

Template by たけやん