NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『MILK』試写会に行ってきました


 3月24日(火)、九段会館で行なわれた映画『MILK』の試写会に行ってきました。映画公開まで楽しみに待つつもりだったのですが、さる筋から招待券をいただき、パートナー氏、そして友人を誘って仕事後に足を運んだのです。

 映画『MILK』は、1977年、ゲイであることを公表して公職選挙(サンフランシスコ市 市政執行委員選挙)に当選したハーヴェイ・ミルク(映画本編及び公式サイトでは表記が「ハーヴィー・ミルク」)の人生最後の8年(1970~1978年)を描いた作品です。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、『MILK』は第81回アカデミー賞で主演男優賞(ショーン・ペン)と脚本賞(ダスティン・ランス・ブラック)を受賞しました。

 ミルクは1973年と1975年のサンフランシスコ市政執行委員選挙、そして1976年のカリフォルニア州議会議員選挙にそれぞれ落選したあと、1977年のサンフランシスコ市政執行委員選に当選しました。当選後は(映画本編でも取り上げられている)犬の糞の放置に罰金を科した有名な条例制定に尽力しました。また、(やはり映画で取り上げられ、後半のストーリーのメインになった)同性愛者やその支援者を教職から解雇することを認めるカリフォルニア州条例「提案6号」の否決に力を注ぎました。

 「提案6号」は1978年11月に州民投票により否決されますが、直後の1978年11月27日、ミルクは前の執行委員ダン・ホワイトによって市庁舎でジョージ・マスコーニ市長とともに射殺されました。ミルクの葬儀の晩に自然発生したキャンドルライトによる追悼の通夜には何千人もの人が参加しました(映画の終盤で描かれています)。


----------------------------------------------------------------------------


 もっと細かいストーリや背景は公式サイトに譲るとして、ここからは感想。


 アカデミー賞の主演男優賞を獲るだけあって、ショーン・ペンの演技は素晴らしいです。それも、単に「熱演」と一言では片づけることができないくらいに。パートナーであるスコットやジャックとのやり取りでは弱い部分がぽろっと出てきたり、後半になると政治家としてのしたたかな部分が感じられたりと、ショーン・ペンの演技を通してミルクの生身の人間としての部分が描かれていてホッとします。それがあるからこそ、ミルクが人々を惹きつけていくというストーリーに説得力が出ようものです。


 映画自体の構成としては、暗殺の危険を予知していたミルクが、暗殺された場合に再生されるようテープにメッセージを吹き込みながら過去を回顧する形式を取っていています。実話を基にした映画なので、ミルクが最終的に暗殺されることは分かっているのだけど、暗殺に至る伏線も描かれていて、本当に切ないのです。 


 また、想像していたよりも群像劇だなぁという印象を持ちました。選挙活動に携わっているコアスタッフのキャラクターがそれぞれ立っていて、映画に活気をもたらしていたと思います。実話に基づいた映画なわけですが、最後に、実際のコアスタッフのその後(みんな、各々の分野で活躍している!)が紹介されたときはちょっと感動してしまった。ムーブメントが大きなうねりを起こす時、そこに集まるコアな人たちもまた、ある種特殊なテンションというか「熱」を持っているんだなぁと感じました。



 1970年代当時のアメリカのゲイたちが置かれた厳しい状況を考えると、ゲイ・ムーヴメントが革命的な熱気を持つのは当然ともいえるし、『ミルク』でもそこはしっかり描かれています。ここだけ観ると、「良くも悪くも日本とはだいぶ違うのねぇ」と思う人は多いでしょうし、その革命的な部分が鼻につくという人もいるかもしれません(特にゲイの中には)。

 ただし、『ミルク』が素晴らしいのは、そんな革命的な部分を描きつつ、政治のリアリティもきちんと描いているところです。最初はゲイとしての経験から政治参加を志すようになったミルクが、徐々にサンフランシスコ市民全体の政策課題を考え、訴えるようになったこと。そして「提案6号」否決を目指すキャンペーンにおいて非常に戦略的に振る舞うミルクを見ると、理想を目指すために現実を見据え、立場を異にする他者とも繋がっていくことこそが大切というメッセージが伝わってきます。これはゲイ・アクティヴィストっぽい(笑)感想かもしれませんが。



 最後に極私的感想を。自分としてはパートナーのスコットやジャックの苦悩に一番感情移入してしまいました。自分がこれを言っちゃうのは反則技かもしれませんが、ゲイであることをカミングアウトして選挙に立候補した人物をパートナーに持つ苦悩、痛いほど我が身のように感じてしまいました。ミルクと別れても最終的には活動に関わる人生という面ではスコットに相通ずるところがあると思ったし、人間的に弱い面やダメダメな面はジャックに共感したなぁ。



JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画)
 


スポンサーサイト

海外での同性婚可能に法務省が新証明書発行へ

 ネットニュースなどで情報を掴んでいる人もいるかもしれませんが、念のため。


 海外での同性婚可能に 法務省が新証明書発行へ(共同通信)

http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009032601001106.html





 法務省は26日、同性同士の結婚を認めている外国で、日本人が同性婚をすることを認めなかった従来の方針を改め、独身であることなどを証明するために結婚の手続きで必要な書類を発行する方針を決めた。これまでは国内法で同性婚が認められていないことを理由に、証明書の発行を拒否していた。法務省は近く全国の法務局に通達を出す。



 同性婚に限らず日本人と外国人が外国で結婚する際は、本人の戸籍情報に加え、相手の国籍と氏名、性別を記した「婚姻要件具備証明書」の提出が必要。「婚姻について日本国法上何ら法律的障害がない」ことを証明するとしているため、同性同士の結婚には証明書を発行しないと法務省通達で定めていた。



 今回新たに発行する証明書は記入内容は変わらないが、注意書きの表記を変更。結婚できる年齢であることや、重婚ではないことだけを証明するものとなり、同性同士のケースでも発行が可能になった。



 この問題をめぐっては、社民党の福島瑞穂党首らが昨年11月、証明書の相手方の性別欄を削除し、同性婚のケースでも証明書を発行するよう法務省に要請していた。



 法務省民事局は「要請をきっかけに発行方法を検討した結果、今回の形式ならば問題はないと判断した」としている。



 同性婚はスペインやオランダ、ベルギー、カナダ、南アフリカなどのほか米国の一部の州でも認められており、通常の夫婦と同等の社会的権利を与えられている。



---------------------------------------------------





 記事中でも紹介されていますが、日本人が外国で結婚する際は、「婚姻要件具備証明書」の提出が必要なのですが、その証明書の中に、相手の「性別」を記入する欄がありました。で、相手の性別が結婚する人と同性の場合は、証明書を発行しないと法務省通達(課長レベル!)で定められていたのです。この通達が今回変更になるようです。



 具体的にどのような運用になるのか、完全にはっきりとは見えてきていませんが、とにもかくにも、今までよりも一歩前進なのではないでしょうか?



 海外の法律に基づき合法的に婚姻(若しくはパートナー登録)した同性カップルが日本を訪れる(若しくは日本に滞在する)機会もこれから多くなるでしょうから、法務省も対外関係を考えて少し柔軟になったということではないかと個人的には思います。



 日本国内でのパートナー法や同性間の婚姻の実現はまだまだ厳しいものがあると思います。が、いきなりの革命を望むのではなく、今回のように手を着けていけるところから変えていく地道な作業が実は重要なのだなぁと感じました。





 ・・・と、久々にゲイ・アクティビストっぽい日記でした。

JUGEMテーマ:ニュース



事実婚パートナー

 そういえば、今回は緊急入院だったので実家(札幌)の家族が駆けつける暇もありませんでした。明け方前、病院へ向かう際はわたる君にだけ、「なにかあれば手続きなどをお世話になるかもしれない」 と言い残してきました。


 で、土曜未明の救急外来で緊急措置を受けた後、結局即入院になり、わたる君に病院に来てもらいました。で、緊急措置を受けてぐったりしていた(半分意識がなかった)自分に代わり、わたる君が入院手続きをしてくれました。


 自分の意識が戻り、入院関連の書類に目を通すと、続柄欄にわたる君が「事実婚」と書いていました。おおおーーっと思いつつ、ちょっと冷静に「ねぇ、わたる君、結婚してる男女カップルって、続柄に『婚姻』って書かないよねぇ?」と指摘したら、わたる君が「あ、そうか」ということで「事実婚」の下に「パートナー」と書き足していました。それで受理してくれた某病院もすごいですが(笑)。地理的にゲイの患者さんも多いからなんだろうなぁ。

 
 面会時も、女性看護師さんに「どういうご関係ですか?」と聞かれた際、わたる君がニコニコしながら「事実婚のパートナーです」と言い、有無を言わせず納得させたという。さすがリブカップル(←自分で言うな)。



 ちなみにその女性看護師さんは数秒言葉に詰まった後、「えぇと、お二人とも穏やかそうでケンカしなさそうですねぇ」「長く付き合うコツはなんですか?」と若干ひきつりつつも笑顔でした(笑)。後日、お見舞いに来てくださった某氏いわく「それってノブちゃんもわたるちゃんもオネェってことを言いたかったんじゃないの?」。うーん、本当にそういう意図だったら、その女性看護師さん、なにげにヲカマ並の切り返しなんですが。


 ま、話を元に戻すと、今回は自分が意識を失っている時間も短く、いざとなればわたる君からうちの実家に連絡を入れてもらうことができるので、さして問題は起こりませんでした。が、これが一刻の猶予も許されないケースで自分の意識もない場合はどうなっていたんだろう。一応、5年半前に作成した公正証書はまだ生きてるわけですが。

今年前半中に胆嚢を摘出します

 自分が入院治療した総胆管結石症、そしてこれから踏み切ることになるであろう胆嚢摘出についてちょっくら説明。専門用語も出てくるけど、ちょっと我慢してね。





参考サイト

http://www.onaka-kenko.com/various-illnesses/biliary-tract/biliary-tract_02.html





 自分が今回治療した総胆管結石症とは、胆嚢から十二指腸へ胆汁が流れていく総胆管に胆石がある場合をいいます。





 肝臓では毎日約1リットル以上の胆汁がつくられて十二指腸内へ排泄されています。胆汁の内容は、ほとんどが老廃物ですが、これが胆道という1本の管を通って肝臓から十二指腸へ流れる仕組みになっています。



 胆嚢は、独立したフクロのようなものですが、肝臓に接していています。油ものを食べると、胆嚢は収縮し、消化酵素を含む胆汁を排泄します。胆嚢から胆嚢管という管が出て、胆道に接続されています。この胆道のうち、肝内にある部分を肝内肝管、肝から胆嚢管の接続部までを総肝管、接続部から十二指腸に至る胆道部分を総胆管と呼んでいます。



 今回、総胆管の出口が胆石のかけらのようなものでふさがれてしまい、その結果細菌感染が発生する危険性があり、胆汁が逆流する結果、黄疸(おうだん)も出ます(自分も入院直後の検査では黄疸の数値が非常に上がっていました)。分かりやすい症状としては、腹痛右上腹部の痛み・不快感、時に背中に響く痛み、嘔吐などです(今回はこれらすべて体験済み)。



 総胆管結石の状態を詳しく見るための検査として、内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)という検査をうけました。ERCPとは、口から十二指腸
まで内視鏡(胃カメラ)入れ、その先端から膵管、胆管の中にカテーテル(細い管)を挿入し造影剤を入れて、膵管や胆管のX線写真をとる検査です。その後、
その管の片一方を鼻から外へ出して、胆汁、膵液を一時的に体外に流し出してやる内視鏡的経鼻胆道ドレナージ(ENBD)という措置を受けました。
それの模様が、前々回のエントリーでアップした胆汁パックです。




 以上のような治療を受け、総胆管結石は一応治りました。ただし、エコー検査などで判明したのですが、胆嚢の中にわりと大きな胆石が数個残っていま
す。胆嚢内部にある胆石はいじりようがなく、超音波破砕法なども1個程度の胆石には有効なものの、複数個である程度の大きさがある場合は難しいらしい。




 かといって、胆嚢内部に胆石がある限り、なにかの拍子で再び総胆管結石症が起こる可能性が高いのです。現に、散発的に発生した痛みを考えると、
胆石が原因だという自覚がないまま、この症状が過去10年間繰り返されていた可能性が高い。ということで、胆嚢ごとの摘出が視野に入ってきます。




 実はちょうど20年前(1989年)、ちょうど同じ症状で父が胆嚢摘出まで至ったのですが、手術前、母は医師から「もしかすると胆嚢癌かも」とひそかに告げられていたらしい(結果は癌ではありませんでしたが)。今回の退院時も、胆嚢にある程度大きな胆石が残っていると、将来的な胆嚢炎や癌のリス
クも否定できないという説明を受けました。自炊する時は今までも圧倒的に煮物やあっさりしたものが多かったので、これは食生活云々というより、もう体質の問題ではないかと。両親に報告した時も「遺伝かねぇ」とつぶやいていましたし。




 ということで、まずは手術まで発作が起きないように食事に細心の注意を払い、胆汁の流れを良くする薬を飲みながら、中期的なタームで仕事がひと段落した時期(5月後半ないしは6月になりそうな予感)に胆嚢摘出を行うことになりました。手術前の精密検査で最終的に決定するのですが。





 ちなみに20年前に父が胆嚢摘出したときには開腹手術を行いましたが、今は腹腔鏡下手術と言って、お腹に4つくらいの穴を開け、そこから内視鏡を入れて行う手術が主流なんだそうです。入院期間も短く、身体へのダメージも開腹手術よりは少ないんだとか。






 退院しても食事が非常に制限されてるので、入院直前から2か月近くで6キロほど痩せました。あんまりしっかり食べられないので体力も落ち気味で無理も利かないため(油断すると体力を崩しがち)、しばらくはプライベートと本職を大事にしながらマイペースで過ごしていきたいと思います。ゲイ活動も、今回のG-menさんの記事執筆的なもの以外は開店休業になります。

G-men2009年4月号でイベントレポートを書きました

 ご無沙汰してます。赤杉です。皆さん、お元気ですか?…って、病人に言われたくないですよねぇ。病状についての報告は次のエントリーに回すとして、今回はちょっくら宣伝。


 昨月末より発売中のゲイ雑誌「G-men」2009年4月号の「瓦版」コーナーに、私の書いた原稿が久々に載っています。それは、昨年12月
16日(火)に開催された、「TOKYO FM × Living Together × ポエトリー・リーディング  Think
About AIDS」のイベントレポート。





 ちょっと遅れての掲載、そして告知になりましたが、怪我の功名でこのイベントのレポートとしてはトリを飾るものになったに違いありません。G-men最新号をお手に取る機会のある方はぜひお読みくださいね。

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。