NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長いものに巻かれつつ、巻き返す

今日の午前中は共生中野福祉トーク「災害と福祉」で、ゲストの玄香実さんのお話を聴きました。

阪神・淡路大震災の話はもちろん魂が震える想いだったのですが、被災者生活再建支援法 立法過程のお話も、「市民が立法に携わるにはどうしたらよいか」「超党派で立法を行うには」という観点で素晴らしい内容でした。

私自身、同時代の1990年代後半、政治学徒の端くれとして、NPO法の立法過程を追っていたりしたので、その頃の事を思い出して、福祉トークの中でも何度か発言させてもらいました。

そうしたら、福祉トーク終了後、玄さんから

「今日の午後に高円寺である集会『1月17日(土)緊急集会1.17を忘れない!阪神淡路大震災から20年~「人間の国へ」今、「被災者生活再建支援法」を考える』でスタッフをやらない?」

とご指名をいただき^^;。

本当は今日の午後、石坂事務所の事務所番だったのですが、コアスタッフKさん(本当に感謝!)が集会の時間帯、事務所番を代わってくださって、集会で撮影スタッフしてきました。

撮影をしつつ、出演者の方々のお話を聴いていたのですが、故 小田実さんの「長いものに巻かれつつ、巻き返す」という趣旨の言葉が非常に印象に残りました。

超党派での立法を成し遂げるために、違う意見の党派の国会議員とも議論を重ねた小田実さん。政治の現実と折り合いをつけつつも、決して長いものに巻かれっぱなしではない強かさ、そして揺るがぬ信念こそ、市民が立法に携わるには必要。

震災関連だけでなく、LGBTが各分野において法的整備を求めて進める際にも非常に示唆に富んでいるなと感じました。

正直、今日の福祉トークも午後の集会も、聴けなかった人(特にLGBTアクティビストや色々なムーブメントに携わっている人)は損してると思います(←オチはそこか (笑))。
スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。