NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都城市議会本会議 条例改正案を可決

>都城市議会 同性愛者に配慮、先駆的条文削除 条例改正案を可決(西日本新聞)



 性同一性障害や同性愛者に配慮し、全国でも先駆的と評された宮崎県都城市の男女共同参画社会づくり条例の「性別または性的指向にかかわらずすべての人の人権が尊重される」との条文から、「性別または性的指向にかかわらず」の部分を削除する改正案が22日、同市議会本会議で賛成多数(賛成22、反対17)で可決された。10月1日から施行される。



 同条例改正案については、国際人権監視団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(本部・ニューヨーク)や自ら同性愛者であることを公表し、性的少数者問題に取り組む大阪府議の尾辻かな子さんらから「人権侵害だ」との抗議が相次いでいた。2004年4月の条例施行から2年半で、大きく後退することになった。



 長峯誠市長は議会終了後に記者会見し、「条文には『すべての人の人権が尊重される』との表現は残されており、部分削除が人権軽視にはつながらないことは理解してもらった」と言明。今後も性的少数者への人権に配慮した啓発活動を進めていくことを強調した。



=2006/09/23付 西日本新聞朝刊=



2006年09月23日00時08分

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/127-73b9f7cb

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。