NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミュニティ

 やはり昨日のエントリーで書いたのですが、11月3日、「Living Together Lounge」の後、引き続きArcHでパーティオーガナイザーやDJさん向けの、HIV/AIDSとドラッグ関係の現状報告会というのが開かれ、パートナー氏と同席させてもらいました。



 研究者による現状報告アリ、当事者による体験談アリという構成だったのですが、その中でハッとしたお話を一つ。



-------------------------------------------------------



 よく、HIV/AIDS予防・啓発活動をしていると、「ゲイコミュニティ」という言葉が使われるけれども、結局、コミュニティって一つ一つのゲイバーであったり、一つ一つのパーティー(クラブイベント)のことなんだよね。「ゲイコミュニティ」って大きな言葉で言われるとピンとこないけど、コミュニティって結局、友達のA君、B君、C君…という一人一人のつながりの輪や、集まりなんだよね。



-------------------------------------------------------



 本当にそう思います。



 文化や政治の主体として、「ゲイコミュニティ」「LGBTコミュニティ」という大きな括りを今なお打ち出したい人もいるのかもしれません。



 でも、この10年近く、素手で格闘してきた人間のひとりとして、「コミュニティって結局、友達のA君、B君、C君…という一人一人のつながりの輪や、集まりなんだよね」という言葉に大きく同意したいと思います。



 大括りの「ゲイコミュニティ」「LGBTコミュニティ」という言葉に郷愁を持っている人は、もしかすると寂しさを感じるかもしれません。しかし、コミュニティが「一人一人のつながりの輪や、集まり」だからこそ、セクシュアリティやジェンダーという括りを越えて、もっと大きな広がりを持つ可能性があると考えると、ちょっとだけワクワクしませんか?

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/17-ceb32348

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。