NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CNN番組で同性愛&同性婚についてのディベート

既に終わってしまったのですが、1月18日、

CNNjで放映される「ラリー・キング・ライブ」という番組で、

同性愛、同性婚についてのディベートが行われました。

で、私も録画して見ることができました。

(この情報を教えてくださったSさん、ありがとうございます!)



このディベートに登場したのは、

オープンリーゲイ男性2人(俳優と地方政治家)と

宗教保守派2人(ノンケ男女1名ずつ)。





今話題の「ブロークバック・マウンテン」を口火として、

同性愛、同性婚の是非について議論が交わされました。





…まぁ、宗教保守派の非寛容なことについては

今更言うまでもなく分かりきってはいるですが。

ちょっと考えてしまったのは、視聴者からの電話のコーナー。



「息子はゲイだが、家族で息子を受け入れている」と言う母や、

「父はゲイだが、父は私を愛してくれている」と訴える

(恐らくティーンエイジャーの)娘に対して宗教保守派は、



「子どもや親を愛することはもちろん間違っていない」と言いつつ、



「でも、その道(注:同性愛)は間違っているのであって、

ただ一つの正しい道を選ぶべきと子どもに教えなければならない」

「(娘に対して)あなたは、本当に父母双方の愛を受けて

 幸せに育ってきたのですか?」



と、押し付けがましいパターナリズム全開。

家族の在り方って、宗教保守派にとっては

「自分で自由に決めてはいけない」ものなのですね。



それに対して、オープンリーゲイの二人は、

「宗教保守派とも互いの違いを認め合う」ことを強調し、

かなり大人な対応。宗教保守派の強硬さが

いっそう際立つ結果となりました。





宗教的・文化的にあそこまで明らかなホモフォビアがあるからこそ、

逆に米国ではリベレーションが盛んなのだなということを

体感することが出来るプログラムでした。

日本は、それにくらべて「ぬるま湯社会」なのかもしれないけれど、

昨今のバックラッシュを見てると、そうも言い切れないかな。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/175-fefc1514

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。