NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外圧とパートナーシップ法

 Gay Japan Newsさんのニュース記事によると、3月25日、フランス議会上院は、海外で行われた同性パートナーシップ登録をフランス国内で認知する法案を可決したようです。


海外での同性パートナーシップ、国内認知の法案が通過=フランス議会上院
2009/04/17 00:06 Gay Japan News


 フランス議会上院は先月25日、海外で行われた同性パートナーシップ登録をフランス国内で認知する法案を可決した。続いて下院での採決が行われる。9日、Gay and Lesbian Timesが伝えた。

 欧州議会の同性愛者の人権に関するインターグループの代表でゲイのマイケル・キャッシュマン議員(イギリス)は、「多くのヨーロッパ市民、特にイギリスでパートナーシップを結んだ同性カップルから相談を受けていた。あるゲイ男性は、パートナーの死後(フランスで)、60%にもなる相続税を払えずに家を売らざるを得なくなった。フランスでパートナーシップ登録を行った同性カップルであれば、この税は免れた」と話し、「これまでの不平等は国籍に基づく差別で、 EU域内での移動の自由を(事実上)制限していたので、フランス議会上院の前進を歓迎したい」としている。(翻訳・編集 ゲイジャパンニューススタッフ)

© GayJapanNews All Rights Reserved




 先日のエントリーでも取り上げましたが、この春日本の法務省が方針を転換するまで、日本政府は同性同士の結婚を認めている外国で日本人が同性と婚姻することを認めませんでした。このように、同性パートナーシップを法制で認める国・州・地域と、認めない国・州・地域の間での取り扱いの違いは、時として法律問題の原因となります。

 他方、今回のニュースは、何らかの形で同性パートナーシップの法制化を既に図っている国同士の問題です。今回の場合は、フランスがEU(欧州連合)に加盟していることが大きいように思われます。ローマ条約(欧州共同体設立条約)によって定められたEU市民の権利として、以下の条文が挙げられます。

・条約の適用の範囲内において国籍を理由とした差別を受けない権利(第12条)
・連合域内における自由な移動と居住の権利…(以下、略)(第18条)



 つまり、記事の中にある

>これまでの不平等は国籍に基づく差別で、
>EU域内での移動の自由を(事実上)制限していたので

という部分は、これまでのフランスの法制度が、上記のローマ条約の規定に反していたという意味なのですね。


 海外において自国民が同性と婚姻することをやっと認める(流れになりそうな)日本にとっては、まだまだ遠い話のようにも思えます。しかし、将来、外国で合法的に婚姻(ないしはパートナーシップを登録)した同性カップルが日本で何らかの権利を求めたとしたら、今回のフランスと同じような問題が起こるかもしれません。ヨーロッパにしても日本にしても、「外圧」が同性パートナーシップ法関係の動きにとって、大きな要素なのかもしれません。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/246-25d82fe8

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。