NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南定四郎さんトークショー

 5月6日、伏見憲明さんがママをつとめる水曜日のメゾフォルテ(エフメゾ)で、南定四郎さんを囲んでのトークイベントが開催されました。南さんはその前週にもエフメゾにいらしていたということなのですが、その時私は体調が少々悪くてお店にうかがえなかったので、今回のトークイベントを楽しみにしていました。

 南定四郎さんの業績は私が紹介するまでも無いのですが、『アドン』『『MLMW(ムルム)』というゲイ雑誌を創り、ILGA日本(初期は IGA)を立ち上げ、1994年に初めて開催された東京のパレードを立ち上げ、東京国際L&G映画祭を立ち上げ、コミュニティベースにおける HIV/AIDSの予防啓発活動を立ち上げ・・・という、日本のあらゆるゲイ・アクティヴィティの素地を作られた御方です。まさしく「ゲイ・アクティヴィティの一人ビッグバン」状態。


 今回、77歳の南さんが12年ぶりに新宿2丁目にいらしたということで、大学生や20代のアクティヴィストといった若い層から、私と同年代の 30代、そして40代・50代・60代まで幅広い参加者が集まりました。伏見憲明さんと長谷川博史さんのおふたりが聞き手となって、南さんのライフヒストリーについてお話を聞く形式を取っていたのですが、まぁ、南さんのお元気なこと。話が止まらない止まらない!

 終戦後に樺太から引き揚げてきた南さんは、その時の苦労から、ちょっとやそっとのことでは愚痴をこぼさなくなったとのこと。実は、うちの母親一家も終戦時に樺太から北海道へ引き揚げてきた経験があって、そのたくましさというか力強さになるほどと思いました。私の母は終戦時、私の祖母のお腹の中にいたので実際の混乱を体験していないのですが、母の姉や兄はまさに南さんと同年代か若干年少で、ものすごくタフなんですよね、心身ともに。思わぬところで接点を感じました。



 さて、アクティヴィスト的な観点から南さんの活動を紐解いていくと、文学や演劇・芸術などに造詣が深い部分、労組活動といった左派的な部分、社会人・生活者としての実存部分、そしてビジネス的な感覚が融合していて、非常にバランスが良いなぁと感じました。理想一本槍の思考回路であったならば、外国諸団体との交流や行政へのロビイングはきっと不可能だったでしょう。

 反差別の文脈から革命やワンイシューポリティクス(単一争点政治)に憧れるNew ComerやYouthは今でも多いです。しかし、たとえ反差別活動であるとしても、現実に色々と働きかけて社会を実際に動かしていくには、ビジネスや外交といった能力に長けていなければ難しい。進行役の長谷川さんが度々、「南さんはビジネススキル、ライフスキルが非常に高い」と言及されていましたが、理念面だけでアクティヴィティに携わっていくと、このビジネススキルやライフスキルが欠けがちになるのではないかなと、30代半ばで10年選手の自分は思いました。


 さて、トークショー本編も勿論楽しかったのですが、その後のフリートークタイムで南さんと20代の参加者が語り合っている場面に遭遇できたのが、とても良かったです。また、記念写真を撮影する時間帯があったのですが、20代・30代・40代・50代・60代・70代(南さん)と勢ぞろいで、伏見さんもおっしゃっていたように「ゲイという共同性に託した思いのバトンリレーを見る」ような気分でした。

 最後になりますが、12年ぶりに新宿2丁目に出てきてくださった南さん、素敵な場を設けてくださった伏見さん、南さんのお話を伏見さんとともに上手に引き出してくださった長谷川さんに心からの感謝を捧げます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/259-37da89a0

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。