NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

river way

 この前、退院後の休暇中になぜか思いだしたこと。


 私は、1999年に急に思い立って札幌のゲイ・コミュニティ(バーや団体など)にアクセスしたのですが、それまではゲイの友人もなく、当然のことながら恋人やパートナーなんていませんでした。


 ただ、その前年である1998年頃からゲイの友人や恋人を希求する気持ちがあったのか、インターネットでゲイサイトを巡回するようになりました。その当時住んでいた実家にはインターネット接続環境が整備されていなかったので、大学の情報処理室で。カミングアウトなんて当時はもっての外だったのに、大学でゲイサイトにアクセスするなんで、大胆なのか無謀なのか思慮がないのか(汗)。


 そのゲイサイト巡回の中で、毎回アクセスするHPがありました。関西在住のゲイ・カップルが、二人で過ごす日々について綴っていた「river way」というHP。カップルの片方が20代後半(だったような)なゲイ・リーマンさんで、もう片方さんが自分と同い年くらいの大学院生さん(確か理系の方だったような)。お二人ともイケメンで性格も良さそうだし、なによりHPを通じてラブラブぶりが伝わってきて、「良いなぁ」と素直に羨ましかったものです。


 そのページで、「将来の夢」として「(相手との)幸せな結婚」が挙げられていて、「同性同士の結婚は無理じゃねーの?」と当時は正直思っていたのですが、そんな私がのちに同性パートナーシップの法的保障について携わるわけですから、人生って分からないものです(笑)。


 ま、そんなこんなで「river way」というHPを熱心に見ていたのですが、その翌年、自分にも実際にゲイの友達ができ、ゲイ団体にも携わるようになるにつれて、ゲイサイトの巡回も頻度が落ちていきました。そして、気づけば「river way」のHPも閉鎖されていました。


 …あのお二人はお元気なのかな?その後もパートナーシップを継続しているのかな?退院後のこの前、なぜかふと思い出したのです。もし、ご本人ならびにその当時のご関係者さんがこのエントリーをご覧になっていたら、赤杉宛にご一報いただければ嬉しいな、と。完全に私信状態の日記です。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/277-947651d5

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。