NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一旦、「セクシュアリティと政治」への強いこだわりから離脱してみる

 前回のエントリーから1週間、間が空いてしまった。

 

 先週末に札幌で行なわれたノンケ友人の結婚式、7~8年ぶりに会うゼミ時代の友人もいて、楽しかった。うちのゼミ友達は私自身や新郎を含めて、今回は8人集まった計算に。友人全員にカムアウト済みなので、とても楽だった。



 前回、他のゼミ友人の結婚式に出たのが7年前で、その時は自分も友人たちも20代半ばだったので、卒業後変わったなぁという実感はあまりなかった。



 が、今回は配偶者同伴の友人がいたり、子どもさんを式場のロビーに連れてきた友人もいたりして、「そりゃ、みんな30代になったんだもんねぇ」と実感させられることに。式後の二次会や三次会でも子持ちの友人が「自分の子どもが結婚式で挨拶や花束贈呈をしてくれたら、絶対泣く」なんて言っていて、ゲイの自分にとってはある種「非日常な世界」を垣間見た気がして、ちょっとだけアガった(笑)。



 また、今回は新郎・新婦とも札幌市職員さんだったんだけど、レインボーマーチ札幌で登壇して挨拶も行なった上田文雄 札幌市長が結婚する二人に祝電を寄せていた。その中で「札幌市の未来のように、お二人の明るい今後に・・・」というくだりがあって、さすが上田さん、政治家だけあってうまいこと言うなぁと微笑。



 さて、(元)政治学ゼミ飲み会で、集まるメンバーもマスメディアに勤務する人、シンクタンクに勤める人、自治体職員で選挙の際には選管業務に携わる人、選挙時にアンケート調査をする人(それは私)などなど。となると、話題は時節柄、解散・総選挙ネタに。ただし、メンバー間で情報交換を行なったものの、今回は誰一人として先が読めないという結論になりましたが(笑)。



 また、その他にも北海道をはじめとする地方行財政の話題で盛り上がりました・・・って、こんな話題で盛り上がる飲み会もどうかと思うけど(笑)。ま、これが10数年前からのうちのゼミの流儀で。こういう空気、懐かしいなぁと思いましたね。みんなで一堂に会すると、各メンバー、本質的には全く変わっていない。



 ここ5~6年くらい、結果的に「セクシュアリティと政治」みたいなテーマで熱心に活動してきてしまって。自分がゲイである事実は今後も変わらない(はずな)ので、一ゲイとしての視点やフィルターを通して、政治に関わることになるとは思うんだけど。「ゲイ」「セクシュアル・マイノリティ」という要素はあくまで視点やフィルターの一つであり、政治全体について考えるスタンスというのも持っていたい、と友人との飲み会の中で今回感じた。



 人間が多面的な存在で、さまざまなレイヤーから成り立っている以上、「セクシュアリティと政治」に凝り固まり過ぎるのはあまり健全じゃないな、と個人的な経験から今はそう思う。もちろん、若い時分や「セクシュアリティと政治」に目覚めて数年くらいは、それにこだわりたい気持ちも経験上、分かるけれどね。それは例えば学生さんや、尾辻さんフィーバーで政治に目覚めた層に任せて、自分はもうちょっと巨視的な活動にシフトしても良いかなと思ったり。(一応)専門的な教育を受けて、経験もそこそこ積んだ人間が、「セクシュアリティと政治」だけにこだわり過ぎるの、どうよ?って自分でも思うわけ。



 もちろん、「ゲイと政治・政策」について調査してくれるメディアがなかなか存在しない以上、今後もアンケート調査を行なうことはあると思うし、ゲイである自分の主観からは逃れられないんだけど。あくまでそれは、政治を考える上での材料の一つ。いや、本当は「セクシュアリティと政治」を考えるときだって、現実の政治状況というか制約みたいなことを忘れちゃいけないと思うんだけどね。こういうバランス感覚、忘れたくないなって思う。



 久々にゼミ友達で一同に会して、帰京後もMLでやり取りしたら、また活発に連絡を取り合おうねってことになって、今月中に一度、東京在住メンバーで会えるかも。師匠も交えて話すなんて楽しそう、と今から色々と楽しみな33歳の秋なのでした。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/28-c40c1c5e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。