NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画祭のシーズン

 先ほどのエントリーでも書いたとおり、6月中に入院・胆嚢摘出手術・退院・抜糸・その後の経過観察をすべて済ませることができました。6月6日に6月8日からの入院をいきなり打診されたときには、急過ぎるなぁと思い一旦断ったのですが、ここで入院しないと7月にずれ込むと病院に説明され、6月中の手術を決意したのでした。

 で、なぜ6月中にすべて済ませようと思ったかというと…。


































 7月には東京国際レズビアン&ゲイ映画祭があるからです!
 


 僕、個人的に日本のゲイ関係のイベントで、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭が一番好きなのです。他のイベントにはないサロン的で華やかな感じ、様々なセクシュアリティ・ジェンダーの人が集まる感じ、そして作品の豊富さがお気に入りです。そもそも僕、屋内イベントが好きなのかも(←札幌と東京でパレード運営に携わっていたくせに(笑))。


 なので、手術のために映画祭に行けないなんて屈辱!ということで、すべてを6月に済ませられるように設定したというわけです。思惑通りに事が進んでシメシメです。


 今年の映画祭は、以前私のブログなどでもご紹介した、『アウトレイジ』が上映されます。本作はアメリカの議会において、同性愛者であることをカミングアウトしていない議員が同性愛者の権利(結婚や養子縁組など)に反対票を投じる矛盾行為と、政界の偽善を追求したドキュメンタリーです。以前のブログでも「できれば映画祭さんで観たいなぁ」と言っていたところ、実現して嬉しいです(スタッフの皆様、本当にありがとう!)。


  『アウトレイジ』以外のドキュメンタリー作品も好作品が並んでいるようですし、海外レズビアン&ゲイ映画も例年通りラインナップが充実。日本作品の『乙女シリーズ その一』も気になります。今年はスケジュールを調整しながら1作品でも多く観たいなぁと思っています。


 ということで、映画祭期間中はバルト9&スパイラルホールでお会いする機会も多いかと思いますので、見かけたら気軽に声をかけてくださいね。



第18回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭【開催概要】
2009年7月10日(金)~12日(日) @ 新宿バルト9(新宿 / 新宿マルイ アネックス 9F)
2009年7月16日(木)~20日(月) @ スパイラルホール(青山 / スパイラル 3F)

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/287-2b9b41f3

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。