NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レインボーテレビ塔

 この連休、第13回レインボーマーチ札幌に参加してきました。実行委員会の方々、レインボークルー(=ボランティアスタッフ)の方々、関連イベント運営・出演者の方々、当日ブース出展&フロート運営関連の方々、そして参加者の皆さま、本当にお疲れさまでした。


 パレード参加者数は738名と昨年よりも減少した(東京(前日)・大阪(当日)で大型ゲイナイトが開催されたり、5連休の中日開催ということで道外参加者にとっては航空機代やホテル代の高さが影響したか?)ようです。ただし、個人的に10回(!)連続レインボーマーチに参加している身から言うと、今年のレインボーマーチは北海道内の若い層が今までよりもかなり多く参加していたように見受けられました。


 レインボーマーチは「地元密着」と「全国からの参加者をガンガン動員」というどちらの路線により軸足を置くのかが、常に命題になっているように私は感じています。私が東京在住のレインボーマーチ実行委員として活動していたころ(2001~2003年)は、東京での広報や営業を委ねられていたこともあり、道外参加者の関心を本番までいかに維持していくかに腐心したものです。


 今年、全体参加者数は減少する一方、北海道内の若手参加者が(おそらく)増えたということで、レインボーマーチは結果的に「地元密着」へ舵を切ったように思われます。かつては全国規模のイベントにレインボーマーチを育てることを夢見た自分ですが、今年の様子を見て「今年のような感じでいいんじゃないかな」と思いました。


 規模や動員者数だけにとらわれず、札幌ならではの独自性をこれからも追及していってほしいし、一定数の10代・20代が参加者としても運営者としても常に新規参入してくる風土を今後も守っていってほしい、と今は他地域に住む実行委員会OBの一人として感じました。


 さて、今年のレインボーマーチ前日(20日)と当日(21日)、レインボーマーチ実行委員会とピアフレンズの企画で、「札幌テレビ塔をレインボーカラーのLED電球で染める」というプランが実行されました。下がその画像です。パレード全体の画像については、また後日に某SNSフォトアルバムなどでアップしていきます。

rainbow sapporo tv tower 2009

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/325-00fa1a74

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。