NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の、これから  政治」

 大学・大学院時代にゼミなどで大変お世話になった山口二郎 北海道大学大学院教授のブログ告知を見て、昨夜、NHK総合「日本の、これから 政治」を観ました。


 視聴者代表の30名が各テーマごとに古川元久大塚耕平 内閣府副大臣に質問をぶつけ、副大臣が説明・回答し、専門家(山口教授勝間和代さん片山元鳥取県知事石原元官房副長官宮台真司 首都大学東京教授)が要所要所で解説・コメントするという形式でした。


 スタジオの視聴者代表さんですが、ある程度の人数(30人)がいることで属性による単純化やレッテル貼りが避けられていたと思います。たとえば国家公務員ですとキャリアとノンキャリア双方がいましたし、経営者だと地方で本当にギリギリの状態な人もいれば、都市部である程度収益を上げていそうな人も出演されていました。また、女性でも「大学生・院生」「都市部で働く既婚共働き女性」「都市部で働くシングル女性」「地方で養鶏業を営む既婚共働き女性」で「こども手当」に対するスタンスが違っていて興味深かったです。


 具体的なテーマについて話しているときに、いきなり違うテーマについて語りだすオヤジ(笑)を含めて、なかなかうまいサンプリングだったと思います。

 
 最初は山口教授をはじめとする専門家のお話をもっと聞きたいなと正直思っていたのですが、番組が進んでいくにつれ、「この形式のほうが視聴者も感情移入しやすいのかな」と思うようになりました。


 古川&大塚 内閣府副大臣がいらっしゃったせいもあるのか、番組を通して鳩山政権に対して優しいというか好意的な雰囲気を感じたのですが(笑)、(おもにワイドショー報道でありがちな)強引なまとめもなく、単純化やレッテル貼りを避けたという点で好感のもてる番組だったと思います。


 個人的には、宮台さんが2部途中から登場なさったのが気になりました。そういう演出だったのか、それとも何らかのご事情で遅刻となったのか…。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/330-c2f6a3b4

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。