NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やな事あってもどっかでカッコつける

 昨年、「オリコンの年間シングル1位、アルバム1位、ミュージックDVD1位、総売上金額で1位とすべて独占」「年間シングルベスト3独占」「2年連続年間シングル1位・2位独占」ということで、紅白をはじめとする年末の歌番組に出まくり、好待遇で唄っていた嵐。


 「売上が高いといっても、ジャケットやバージョン違いなどで稼いでいるだけ」という指摘もヒットチャートファンからはあって、確かにその指摘が当たっている側面もある。けれど、同じ商法をしている他のジャニーズグループや同業他社のアーティストに一馬身くらいの差をつけているということは、今の嵐にやはりそれ相応のポピュラリティがあるんだろうなと思う。自分自身も「Truth」とか「Believe」は結構好きだし。


 昨年末、嵐はヒット曲メドレーを各番組で唄っていたけれど、そこで久々に耳にする機会が増えたのが1999年11月リリースのデビューシングル「A・RA・SHI」




 歌詞の中の(というか冒頭のラップ部分の)「やな事あってもどっかでカッコつける」って部分にちょっとハッとしたんですよね。


 うちのパートナー氏がフィルム「一緒ネ!」でも語っている通り、赤杉康伸という人物は「やな事あってもずっとガマンする」性格でした、嘗ては。2007~8年前半くらいはたまに噛み付いたり(笑)、おもいっきり正論で議論を挑んだこともあった。で、2008年後半から昨年にかけては「やな事に遭遇しないようにリラックスして生きる」という路線でした。


 けれども、仕事にしろその他の活動にしろ、自分が実現したいことを達成するために動こうとすると少なからず「やな事」には直面しなければならないし、それをずっと避け続けることは恐らく不可能。だとしたら「やな事あってもどっかでカッコつける」くらいの心持ちでいるのが良いのかなぁ…となんとなく思った次第。まぁ、ジャニーズの楽曲でここまで考える自分もどうかと思うのだけれど。

 でも、「A・RA・SHI」は今聴くとけっこう名曲だと思いますよ。当時はシースルーの衣装で唄わされて、音楽番組でSPEEDやモー娘。メンバーに失笑されてたわけですが、今や立場逆転だもんね。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/342-f96e0d7d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。