NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有馬より鈴木桂治? ~写真展「SUPER TOKYO」

 一昨日、表参道ヒルズで開催されている写真展「SUPER TOKYO」に行ってきました。この写真展は、レスリー・キーというシンガポール出身の写真家さんが撮影した、1000人ヌードの写真展です。つい先日出版された、同名のチャリティ写真集を記念してのイベントです。



 会場に着くと、お客さんのほとんど女性か男女カップルみたいな感じでしたが、その中で男子二人組のお客さんを見つけた私。よく見ると知人のゲイでした(笑)。確かに男性のみのグループの大半がゲイゲイしい感じで。この辺り、先日のLADY GAGAライブ(自分は仲の良い女性同僚&元同僚と一緒に行った)に近いものがある。


 ヌードといっても、「首やせいぜい胸の上からしか写ってないパターン」「わりと全身バッチリ写ってるパターン」の2通りありました。なぜか隣同士に並べられていたユーミンと桃井かおり先生の写真は前者。とはいえ、ユーミン大好きの自分であってもユーミンのフルヌードは期待してないんで(←ひどい)、それは別に問題無しなのですが。

 
 写真展に行く前から前評判が高かったのは、アメフト選手で元TBSアナウンサーの有馬隼人。アメフト選手なのに無駄に(←暴言)イケメンなんですが、かなりしっかり脱いでいる。Badiにも展示されている写真が掲載されていますが、やはり写真展でデカイ写真を見るのをオススメします。毛もわりと写ってます。


 その他、プロレスの武藤や総合格闘技の山本 KID 徳郁などの写真がありましたが、私と同年代以上の人(もちろんゲイ)に評判が良いのが、柔道の鈴木桂治。鈴木桂治といえば井上康生とならんで、ゲイ界隈で人気のあった柔道選手。例えて言うと、井上康生が天然のイモ系・素朴系だとすると、鈴木桂治は自分の魅力を熟知したイカニモ系(←ほめてるのか?)。しゃがんでる構図なので股間近辺はともかくとして(笑)、わりと全身写ってます。やんちゃ坊主みたいな感じで。


 と個人的な趣味全開でお送りしましたが、最後にきちんとしたお話も。この写真展と同名の写真集、売上の一部は国連人口基金が実施している「お母さんの命を守るキャンペーン」に寄付されています(レスリー・キーのお母様は、39歳で亡くなっています)。今回、写真展スペースの一角で「お母さんの命を守るキャンペーン」のパネル展示があるので、そちらに関心がある方にもオススメです。5月7日までの開催です。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/370-3db5333b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。