NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横須賀美術館

7月17日、前々からロケーションが素敵と聞いていた横須賀美術館へパートナー氏と一緒に行ってきました。夏に二人で都合がつけられそうなのが、この日だったのです。以下、写真で。
横須賀美術館 外観
道路側から見た美術館。透明感のある建物です。


建物の中より撮影
建物の中から外を撮る。すぐ近くは海です。


富津や木更津の工場
ズームアップすると、東京湾を挟んで、千葉県の富津や木更津にある工場が見えます。


屋上庭園 山肌
美術館の屋上階は庭園のようになっていて、むき出しの山肌も見られます。


海を背景に
海を背景に撮影


往来する船
大きな船も往来をしています


美術館近くの浜辺
美術館を出て、すぐ近くの浜辺へ。泳いでる人たちも結構いました。


遊覧船より
せっかくなので、猿島を経て三笠までは遊覧船に乗ることにしました。


観音崎灯台
観音崎灯台。観音崎はユーミン「よそゆき顔で」(1980年)の舞台です。


波しぶき
涼し気な一枚ですが、結構波しぶきが飛びかってます(笑)。


 三笠に着いてからは、京急の横須賀中央駅付近まで10数分かけて歩き、電車に乗る直前には横須賀名物(?)の海軍カレーを食べました。駅の一番近くにあるという理由でコ◯イチにて(笑)。でも、深みのある味で、フツーのコ◯イチメニューのカレーより、うんと美味しかった…。コ◯イチがあまり好きでないパートナー氏も納得の味です。


 横須賀なので「横須賀ストーリー」と安直に思っていたのですが、むしろ京急に乗ったということで「 I CAME FROM 横須賀」(←ファンキーな、隠れた名曲)って感じでした。




トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/390-614c0f1b

「神奈川・浦賀 横須賀美術館」

お天気の週末、横須賀美術館へ行ってきました。 連れて行ってもらったというのが正しいのかも。待ち合わせしてから目的地を聞いたから前情報一切なく出かけてしまいました。 京急で出発した今回、横須賀美術館へ行くにあたっては「浦賀駅」からか「馬堀海岸駅」から行...

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。