NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故人との共生

 3年前の政権交代、自分の活動、それに連れ合いの議員活動など、色々なことをきっかけに、ちょっと保守について考えています。セクシュアルマイノリティの人権系活動をしていると、保守を目の敵にしがちなんだけど、保守って本当に悪いものなの? 実は保守の人とも話す余地はあるんじゃないの?と。


 そんな訳で、山口ゼミ時代に読んだ政治思想系の本をあらためて読み返したり、連れ合いと食事をしながら色々話したりしてます(我が家の食卓での話題は、8割方政治ネタ(笑))。 そんな中、北海道大学大学院法学研究科・公共政策大学院准教授である中島岳志さん(私と同年生まれ!)へのインタビュー記事(@マガジン9)を見つけました。自身を保守主義者と位置づける中島さんが、分かりやすく保守について説明しています。条件反射的に保守主義を敵視する人、そしてアンチ左翼と保守を混同しがちな人にこそ読んでほしい名文です。


 さて、その記事の中で、こんな文章があります。憲法に関する部分です。


 

しかし、革新勢力がそこで考える「国民」は、今生きている国民ですよね。それに対して、保守の考える「国民」は、過去と未来の国民も含むわけです。つまり、そこの国のかたちや歴史が権力を縛ってるんだと、そう考えるわけです。



 ここを読んだ時に、ふと思い出したのが、憲法とは全く関係ない、いわゆるセクシュアルマイノリティのパレードです。一昨年の東京プライドパレードや昨年のレインボーマーチ札幌に参加した時に、運営側の人間としてピリピリしていた時とは違う感覚を抱きました。それは、「亡くなった人ともともに歩いている」ということ。自分が札幌や東京のパレード運営でご一緒した故人、そして既に亡くなった友人・知人などと共に在ることを、直感として感じたのかもしれない。東京プライドパレードは特に、(死者とつながる)お盆の時期開催だしね。


 だから何を言いたいのよ?って言われると、自分の能力不足もあり、分かりやすく明確には書けない。だけど、「亡くなった(或いは、今はいない)あの人なら、どう考えどう行動するかなぁ」という視点が、現実に対して謙虚に向きあう為には必要な場面があるんじゃないかと思う。そういう視点が、政治の場で、そしてセクシュアルマイノリティにまつわる活動の場でもうちょっと増えると、バランスの良い結果が生まれるんじゃないかなと思うのです。つい原理原則にこだわりがちだった自分への戒めも込めて。


 なんてことを書くと保守的と呼ばれそうですが、中島岳志さんが規定するようなリベラルな保守なら、それもアリかなぁと最近実は思ってます。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/428-afdc2013

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。