NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成年・未成年

杏野先生のブログより





性同一性障害、「子が成人」で性別変更容認・与党が改正案



 心と体の性が一致しない性同一性障害者の戸籍の性別を変更できる特例法に関し、与党は24日、改正案をまとめた。現行法は「子どもがいないこと」を性別変更の条件の1つと規定しているが、「未成年の子どもがいないこと」に緩和する。改正案が成立すれば、「女性の父」や「男性の母」が法的に認められることになる。



 自民党は同日の法務部会で改正案を了承。与党は超党派での議員立法による今国会提出を目指し、民主党に協議を呼びかける。



 特例法は性同一性障害に対する認知が高まったことを受け、2003年に超党派の議員立法で成立した。戸籍と実生活での性が違うことを理由に、公的な手続きや就職などで被っていた社会生活上の不利益を解消することが目的。家庭裁判所に審判を請求し、認められれば戸籍の性別を変更できると規定している。

(日本経済新聞、2008/04/24)







性別変更の要件緩和 性同一性障害で自民改正案(共同通信配信)




 自民党法務部会は24日、心と体の性が一致しない性同一性障害者の戸籍の性別を変更できる特例法に関し、子どもがいる場合は性別を変更できない現行法の「子なし要件」を緩和する改正案を了承した。子どもが成人していることを条件に「女である父」や「男である母」を容認。民主党は、子どもの年齢に関係なく同要件の全面的削除を検討中。今後、与野党間で調整がつけば、超党派で改正案が今国会にも提出、成立が図られる見通しだ。



 同法は性同一性障害に対する認知が高まったことを受け、2003年7月、超党派の議員立法で成立した。戸籍と実生活の性が違うことを理由に、公的手続きや就職などで被っていた社会生活上の不利益を解消するのが目的だった。同法の成立で家庭裁判所に審判を請求し認められれば、戸籍の性別を変えられるようになった。

(2008/04/24 10:13 【共同通信】)



-------------------------------------------------------------------

引用、以上。





 GID特例法のいわゆる「子なし要件」撤廃をめぐる動きが、

いよいよ水面下から政党間協議、法案提出、国会審議の場に

移っていくようです。



 政府・与党は子が「成年」の場合に限って、民主党は

子の年齢に関係なく、親である性同一性障害者(という言い方も

非常に微妙ですが)が各々性別変更できる案を持っているとのこと。

(性別の変更は、正式には「戸籍上の性別の取り扱いの変更」)



 現実政治の力学により、この2つの案がどうなっていくのか

政治・立法過程を追う人間としては注視したい。



 私の今回の件に関するスタンスは、以前のエントリー

でも書きましたが、それに指摘をひとつ加えます。



 「子なし要件」そのものの存在、そして「子の成年・未成年」を問う

立法府(つまり国会議員ね)、所轄庁(つまり法務省)の考え方というのは

将来、同性パートナーシップの法的保障が具体的な日程に上る際にも

反映される可能性があるということ。



 つまり、将来、もし仮にDP法や同性婚を認める法改正が行なわれる際も、

子どものいる、もしくは未成年の子のいる人間は、法律の対象要件外になる

(つまり、登録であったり婚姻ができない)可能性が非常に高いということです。

このままの意識で政治家や役所が続いていけば。



 付け加えて言うと、DP法や同性婚が実際に導入されている欧米では、

子がいる人でも同性パートナーと登録・婚姻はできるものの、

同性カップルの片方のパートナーの実子に対して、

もう片方のパートナーが「親権」を持つというのはなかなか難しい。

いわんや、GID特例法の要件変更だけでこんなに時間がかかる日本は、

DP法・同性婚が議論に上ったときにどういう動きになるだろうか・・・。

そんなことは、想像しておいたほうが良いかも知れません。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/43-f3ea550f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。