FC2ブログ

NOV'S BLOG

しがないゲイが考えていること。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政治についてちょっと(Twitterの呟き再掲版)

(1)
 民主主義はもともと時間がかかる政体だし、政治はそもそも多様な利害を調整するもの。つまり民主主義政体には、まどろっこしさが付きものだということ。そのまどろっこしさを忌避したり否定する事は、民主主義政体を忌避したり否定する事に等しい。左右の党派を問わず。

 プレーヤー(政党や議員)の質の問題は勿論だけど、究極的には使い手(有権者)の質が上がらないと、民主主義政体は上手く機能しないんだけどな。民主主義政体における複雑性を嫌うって、要は民主主義政体を放擲することなんだけどな。


(2)
 現実の社会に色々な制約がある以上、政治とは、その制約の中で「よりマシ(better)」、もっと言うと「より悪くない(less worse)」を選ぶ現実的な行為。

 有権者は立候補者に対して潔癖というか、高いレベルを求めがち。だけど、議員が「“我々”こと有権者」の代表者であるならば、代表者が突然変異的に有権者の質を大きく上回ることはまずない。そういう意味で、政治家は有権者の質の反映。 

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/444-7b1b8c6a

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

nov

Author:nov

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。