NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェンダー法学会 学術総会を聴講しました

 この週末、早大キャンパスで開かれたジェンダー法学会 学術総会を聴講しました。8日は、旧知の仲である綾部六郎さんもコメントを行なった若手セッションを聴講しました。9日はハワイ州最高裁判事サブリナ=マッケナさんの特別講演やシンポジウム「セクシュアリティとジェンダー」を聴講しました。

 マッケナさんは高校卒業まで日本育ちで、ご自身がレズビアンであることを公言されているハワイ州最高裁判事。講演後にお話をさせていただいたところ、同性パートナーシップの法的保障を進めるのに大事なのは「アライを沢山作ること」。私も大いに納得。対話を大切に理解者を着実に増やしていきたいという想いを、あらためて強くしました。

 また、シンポジウム「セクシュアリティとジェンダー」の中では、私と一緒に特別配偶者法全国ネットワークで共同代表を務めている谷口洋幸さん(高岡法科大学)による報告「同性間パートナーシップの法的保障」があり、フロアからの質問もかなり寄せられていました。

 さらに同シンポでは、山下敏雅弁護士と新潟大学 田巻帝子さんによる報告「性同一性障がいの婚姻と嫡出推定」もありました。田巻さんには、今年6月の比較法学会ミニシンポジウム「同性婚」(報告者とコメント者)、そして7月の田巻ゼミで私が特別講義を行なった際に大変お世話になりました。

 個人的にはマッケナさんのお母様が北海道出身というポイントに親近感を覚えたり、お昼休みや日程終了後に友人・知人とワイワイガヤガヤ話しながら食事したのが楽しかった。初めて会う人でもたいてい共通の知人がいて、実のある話ができました。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/446-cd4de939

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。