FC2ブログ

NOV'S BLOG

しがないゲイが考えていること。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情とロジカルさと

突然ですが、「正しく理解しましょう」と言うよりは、「社会生活を送る上では、内心の好/悪感情に関わらず、(お互いの自然権を侵害しない範囲で)、お互いの権利を尊重しましょう」と言う方が、今の自分にとってはしっくりくる。

 事実や実証的データに基づいた議論や教育などは、とても必要で重要。でも、それを受けても悪感情を持つ人は、恐らく必ずいる。問題なのは悪感情を持つことではなく、個人的な悪感情を、それとは無関係な社会生活(地域や学校、職場など)の場に持ち込むこと。

 友人や家族、近い間柄の同僚などとは、感情的な繋がりや受容が大切。でも、社会や政治の視点で考えると、「(個人的な内面は問わない代わりに)、社会生活上、個人的感情をもとに相手の権利を侵害するのはやめましょう」というロジカルな考え方も重要。恐らく車の両輪のような関係なのだと思う。

 でも、感情とロジカルな人権論をごっちゃにする議論が多いと思う。「個人的に嫌いだから、相手の権利を侵害しても構わない」という主張と、「『正しい理解』を持たないことは許されない」という主張は、ベクトルとして反対だけど、感情とロジカルさをごっちゃにしている点では同質なのかも。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/458-35c5335f

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

nov

Author:nov

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。