NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LGBT活動に関する大切な報告

いつも大変お世話になっております。赤杉康伸です。みなさまに報告したいことがあります。

2015年5月5日、40歳の誕生日を迎えた事を節目に、私 赤杉康伸、今後のLGBT活動は書き仕事(執筆活動)メインにしたいと思います。少なくとも今後1~2年間は、書き仕事にほぼ特化することになると思います。

ただ、40歳にもなって、今まで携わってきた活動をいきなり投げ出すのはあまりに無責任。ということで、現在私が役職に就いている団体のみなさんには、これから具体的に相談させていただければ…と思っています。

今回の決断した理由、簡単ですが以下の通りです。

理由の一つ目。昨日終了した今年のレインボーウィークを見ても分かるように、(主に東京を中心とした)LGBT活動における多様性や適材適所ぶりが実現されつつあり、私が16年前に思い描いていた理想も達成されつつあること。この欲張りな私にして「見届けた感」があるため。

理由の二つ目。体力や体調の面で、正直、実働での活動量をこれまで通り維持するのは、非常に困難であるため。そして今後は、今年で70歳になる実家(札幌)の両親と交流できる時間を増やしたいため。

理由の三つ目、文章を書くことで実際に活動している「仲間」を応援したり、経験や歴史を踏まえた執筆を通じて、現状に対する分析や提言を行なうことが、自分には一番合っているのではないか…という結論に至ったためです。

以上、もっともらしく理由を書きましたが、端的に言えば、昨年末にブログやFBでも書いた「私の卒業発表は、みんなが心から笑顔になれる時」が今だ、ということです(執筆活動メインに出来ることは続けるので、完全な「卒業」ではないのですが…)。

以前、企画段階で止まったままの某書籍について、偶然ではあるのですが、再開しそうな感触があります。それは恐らく私が執筆者に相応しいものだと思っています。

また、心身ともに少し落ち着いたら、自分が考えていることをブログで発表したいです。先月、北海道新聞さんで記事を執筆させていただいて、その想いは新たに強くなりました。

実は、誕生日(5月5日)に報告しようと思って当初ツイッターやFacebookで告知していたのですが。レインボーウィークが無事終了するタイミングでの報告が相応しいと考え直し、今日の報告になりました。

私の決断、どのように受け止められるか不安ではあるのですが、昨年来考えていたことを報告できて、個人的にはホッとしています。

長文、お読みいただきありがとうございます。

2015年5月7日
赤杉康伸

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/476-3d5d1f5e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。