FC2ブログ

NOV'S BLOG

しがないゲイが考えていること。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超党派での取り組み・補遺


先日、私が「LGBT政策・施策については超党派で取り組むべき」「超党派的なロビイングと、党派的な活動は分化すべき」というメッセージを発したのは、ご存知かと思うのですが。

その後、「赤杉は特定の党派に媚びを売っている」「節操がない」という言説が、ツイッター等で流れているようです(というか、私自身、目にしてしまった(笑))。

私は「LGBT政策・施策におけるロビイングに関しては、超党派・全方位外交で取り組むべき」と言っただけで、その他の政策分野については言及していません。

それに、超党派的なロビイングが嫌であれば、「自分の党派性を明示した上で」(←ここ大事)党派的な活動や主張をすれば良いわけです。その事についても、以前のブログ記事で触れています。

政治とは「多様な人々による、多様な利害の調整」です。だからこそ立場の違う人同士、議論や対話を続けることが重要であることを、今一度申し添えて、私からの見解としたいと思います。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/484-9d54eaf1

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

nov

Author:nov

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。