FC2ブログ

NOV'S BLOG

しがないゲイが考えていること。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロビイストの行動原理に関する考察と、赤杉からのお願い

以前のブログ記事にも少し書いたのですが、ロビイングやロビイストについて。

ロビイング団体を含む利益団体・圧力団体とは、政治学的に「特定の集団の利益を図るべく政治活動を行う団体で、目的を実現するために政治に組織的に影響力を及ぼす」(wikipedia「利益団体」より)団体のことです。

合法的に使えるものであれば何でも使って政策実現を図るのが、本来的なロビイング団体であり、そのように行動する人がロビイストです。

「どの党派であっても、使えるものは使う」という点において、戦略的で冷徹なロビイストは、「単一争点=シングルイシュー」主義者です。そのためには「全方位外交」を怠りません。

党派的な正しさを追求する勢力から、「一つの事にさえ取り組めば、他の事はどうでも良いのか?」と問われたとしても、戦略的で冷徹なロビイストなら、表情を変えずに「YES」と答えるでしょう。

また、ロビイストは、その性格上、立法過程の各アクター(各政党や議員、関係諸団体の首脳や幹部、国なら内閣や官僚、自治体なら首長や行政職員など)間の力学や構図を読み取る技術に長けることが求められます。

こうした傾向は、個人やコミュニティの「想い」「実存」に立脚しているアクティヴィストや研究者などから、反発を持たれやすいのが現状です。

何を言いたいかといえば、「党派的な勢力から『節操がない』と叩かれ、コミュニティ系アクティヴィストや研究者から『技術や戦略偏重』と叩かれるロビイスト。もし冷徹になりきれず、個人的な政治的良心を捨てきれないのならば、正直言ってこれほど割に合わないものはない」ということです。

以前、Facebookやtwitterでは書いたのですが、市民には市民の、コミュニティに根を張ったアクティヴィストにはアクティヴィストの、ロビイストにはロビイストの、そして政治家には政治家の、各々の行動原理があります。どれが良い/悪いという話ではなく、持ち場というかそれぞれ役割が違うだけなのだと思います。

自分は、自治体議員のパートナーであり、SOGI政策関連でロビイングもちょっとしているということで、行動原理もロビイストや議員サイド寄りになっているのは、自覚しています。

恐らく、今の私=赤杉に対してイラッとした感覚を持っている「党派的な正しさを追求する方々」「LGBTコミュニティ系アクティヴィストや研究者の方々」はそこそこいると思います。でも、行動原理がそもそも異なっているわけです。

率直に言います。SOGI政策に関して、私に対して「党派的な正しさ論」や「アクティヴィスト的な熱さやプライド論」は、当面の間、期待しないでください(そもそも期待されてない可能性も高いですが)。

政治について考え方の近い方とは、個人的に党派的なお話などをすることもあるかと思いますが、しばらくはロビイスト的な観点で動いたり考えたりしてみようと思います。

それでも、コミュニティに育てられた人間として、コミュニティに根を張ったアクティヴィストさんを尊敬しています。いがみ合わずに、お互いに上手く役割分担ができれば良いなと思っています。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/490-1eab756d

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

nov

Author:nov

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。