NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スウェーデン教会、同性の挙式正式認可 「結婚」の使用は否定

スウェーデン教会、同性の挙式正式認可 「結婚」の使用は否定

(キリスト教インターネット新聞 CHRISTIAN TODAY

2007月12月18日(火) 17時32分 更新)






 スウェーデンの国教であるスウェーデン教会が、来年1月に見込まれている婚姻法改定を前にして、教会での同性カップルによる挙式を正式に認めることを発表した。ただし、「結婚」という言葉は異性間でのみ使用するべきとし、同性間での使用を否定した。





 同国の婚姻法ではこれまで、結婚を男女間のものと定義していたが、新法では結婚が「性別的に中立」となるよう、定義から性別に関する言及が削除される。人口約910万人の内、約720万人が所属する同教会はこれまで、来年の改定を目指す同国政府からの働きかけを受けていた。





 AFP通信によれば、教会側は「(異性間の)結婚と(同性間の)パートナーシップは、同等な結合形態である。それゆえ、スウェーデン教会の中央委員会は、結婚とパートナーシップに関する法律を一つの法律としてまとめる提案に賛成する」と、改定への支持を明らかにしている。





 スウェーデンでは、95年から登録パートナーシップ法により、同性カップルにも一般の夫婦と同様の法的立場が認められているが、同性愛支持の諸団体は、同性の関係においても「結婚」という言葉を用いるなど、「異性カップルとの違いの完全な排除」を求めてきた。同教会のアンダース・ウィジュリッド・ウプサラ大主教はAFP通信に対して、「委員会でも異なる意見があったが、しかし、結婚は男女の関係でのみ用いる言葉だと感じる者が大多数であった」と語っている。





 同教会では今年から既に、同性愛者への「祝福」が実施されている。新法が成立すれば、同国は世界で初めて、主要教派が同性カップルによる挙式を認める国となる。



---------------------------------------------------------------------



ということらしいです。先週土曜のシンポジウムで、ちょうど北欧の事例を挙げていたコメンテーターの方がいらっしゃったので、つい目に留まってしまいました。



JUGEMテーマ:ニュース




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛(ノンアダルト)へ



ゲイのブログ検索サイト - ゲイログ



トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/69-93bb6925

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。