NOV'S BLOG

LGBTやSOGI(性的指向・性自認)に関する政治動向・理論や活動などについて、主に綴っているブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少数者はつながりあえるのか?

 突然ですが、6月2日(土)、「人権市民会議」というNGOが主催する公開シンポジウムに出演することになりました。LGBTコミュニティ外の人も多く集まる場としては、昨年12月のシンポジウム「これからの多様な性&家族&ライフ・スタイル」以来、約半年振りになります。



人権市民会議 公開シンポジウムのお知らせ



様々な分野にかかわる人権団体や個人の連帯や協働することの難しさや大切さについて考えようと、「つながりあえるか?」をキーワードに、シンポジウムを開催します。



●日時 : 2007年6月2日(土) 午後2時30分~

●場所 : 松本治一郎記念会館 3F会議室  (港区六本木3-5-11)

●コーディネーター : 李嘉永さん (部落解放・人権研究所)

●スピーカー(50音順) :

赤杉康伸さん (東京メトロポリタンゲイフォーラム)

河添誠さん (首都圏青年ユニオン)

齋藤明子さん (コミュニティサポート研究所)

※ 要約筆記を用意いたします。

※ スピーカーによるトークの後、質疑応答や会場との意見交換を予定しています。



*マイノリティとは…直接的には「少数者」を意味する言葉ですが、ここでいう「マイノリティ」は、単に数の多い少ないではなく、社会的・政治的・経済的な場面において、不当な取り扱いを受けたり、その存在を軽視されたりしている人びとを指します。






 この「つながりあえるか?」という命題、非常に重要というか重いものだと思っています。石坂選挙を通じて、「セクシュアル・マイノリティ間」「他の少数者間」でつながることがいかに難しいか、いやになるくらい痛感してきました。そういう経験や想いも、このシンポジウムでお話できればと思っています。 

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://novsblog.blog37.fc2.com/tb.php/98-431f9a4e

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

赤杉康伸

Author:赤杉康伸
赤杉康伸(通称:NOV)

1975年5月、札幌市生まれ。2001年3月下旬から東京在住。2001年3月、北海道大学大学院 法学研究科修士課程(専修、公共政策コース)を修了。

札幌・東京における性的マイノリティ中心のパレード運営に参画。その間、2004年7月には、共編著で「同性パートナー -同性婚・DP法を知るために-」(社会批評社)を出版。

現在、東京メトロポリタン ゲイフォーラム 共同代表。NPO法人 共生社会をつくるセクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク 理事。特別配偶者法全国ネットワーク メンバー。

当面は、近況報告や政治関連の記事をアップ予定です。「複雑な現実に向き合いながら折り合いをつけ、相手に『敵方』のレッテル貼りをせず、まずは対話を重視する政治」「多様な人々の、多様な利害を調整する政治」がモットー。

Twitterはこちら。メールはy.akasugi@gmail.com まで

月別アーカイブ

最新記事

カテゴリ

未分類 (5)
日記 (131)
各種活動告知・報告 (117)
LGBT関連ニュース (114)
趣味(音楽・スポーツ等) (35)
ポリティカルなこと (65)
2009年 東京国際L&G映画祭 (2)
LGBT (0)

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。